菓子パンの食べ過ぎ(過食)に注意!依存し暴食している人は必見!

菓子パンっておいしいですよね

僕も甘いものが食べたいなと思った時には、

よく菓子パンを食べてしまいます。

皆さんの中にもそのような人がいるでしょう。

健康に良くないと思っていてもやはり食べてしまうものです。

少しならそこまで健康に悪影響を及ぼすことはないです。

せいぜい太ってしまうくらいのことです。

ただ菓子パンを食べ過ぎてしまうのは危険です。

今回は菓子パンの食べすぎが引き起こす体への悪影響について書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 菓子パンの食べすぎによる悪影響は?
  • 菓子パンに依存している人へ

となっています。

それでは発送開始!

広告



菓子パンの食べすぎによる悪影響は?

まずは菓子パンの食べ過ぎによる悪影響についてです。

菓子パンを食べ過ぎると悪影響があるのは皆さんもわかるでしょう。

どんなものでも食べ過ぎると体に悪影響があります。

それはたとえそれが体に良いものであってもです。

それが菓子パンというただでさえ体にはよくないものですから、

食べ過ぎて体に悪影響があるというのは言わずもがなですよね。

そこで気になるのが具体的にどのように悪影響があるのかです。

そもそもの悪影響の元凶となるのが↓

  • 糖質を摂り過ぎる
  • 化学物質を取り入れすぎる

といったようなものです。

この2つを見てわかるように明らか体に悪影響を与えそうな要素ですよね…。

こういったことが原因となり生活習慣病のリスクが上げるといったような悪影響を及ぼします。

これを見ると食べ過ぎている人も食べ過ぎるのをやめたくなるでしょう。

というかこれをきっかけに食べ過ぎるのを終わりにしましょう。

それではそれぞれについて詳しく書いていきますね。

広告



糖質を摂り過ぎる

まずは糖質です。

菓子パンの味を考えてもらえばわかると思いますが、

あそこまで甘いのに糖質が高くないわけがありません。

というより恐ろしいほどに高いです。

一食に菓子パンを何個も食べるという人結構いますよね。

今この記事を読んでくださっている人の中でもいるでしょう。

そんな人はその一食でほぼ1日分の糖質を摂ってしまっているかもしれません。

またその時菓子パンとともにジュースを飲んでいる人はおそらくアウトです。

完全に糖質の摂り過ぎです。

たまにならそこまでの心配は必要ありませんが、

それが毎日続くとなるとさすがに危険です。

生活習慣病のリスクがとても高くなってしまうでしょう。

化学物質を取り入れすぎる

危険なのは糖質の多さだけではありません。

菓子パンの添加物の多さも異常です。

特に危険なのが、

  • イーストフード
  • マーガリン

の2つです。

このどちらも一応は日本で認められている添加物しか使っていませんから、

過剰に心配するほどに危険なものではありません。

ただ食べ過ぎてしまうと話は別です。

実のところ体にどのような影響を及ぼすのかについては、

専門家の中でも意見が分かれており、

安全性についてははっきりとはしていません。

そんなものを必要以上に体に入れて悪影響が全くでないというのは考えづらいです。

気にしすぎる必要はないにしても極力は口にしない方が得策でしょう。

広告



菓子パンに依存している人へ

どんなものでも依存症は存在します。

菓子パンにももちろん依存症があります。

添加物に関しては先ほども書いたように、

不透明なところがあるので言い切ることはできませんが、

糖質を摂り過ぎるのが体に良くないことは確実です。

菓子パンに依存し食べ過ぎてしまうのは危険です。

一度にやめろとは言いませんが少しづつでも量を減らしていくべきでしょう。

無理は続かないので自分のペースで、しかし着実に減らしていきましょう。

まとめ

今回は菓子パンを食べ過ぎることによる弊害について書いてみました。

たまに過激なほどまでに危険性を煽っている記事もありますが、

あれが絶対的に正しいわけではありません。

そのため過剰な心配は無用です。

ただ安全であるとも言い切れないのが現状です。

無理のない範囲でできるだけ控えるくらいが良いのではないでしょうか。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告