炒り豆腐の日持ちする?賞味期限や冷凍保存の可否も!

炒り豆腐って美味しいですよね。

家なんかでも簡単に作れるので、

家で作るという人も多いでしょう。

そこで一気に作って作り置きしてしまうという人も多いと思います。

そうなると日持ちや保存方法について気になりますよね。

そこで今回は炒り豆腐の日持ちや保存方法について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 炒り豆腐の賞味期限は?
  • 炒り豆腐の保存方法は?
  • 炒り豆腐は冷凍保存できる?

となっています。

それでは発送開始!

広告



炒り豆腐の賞味期限は?

まずは炒り豆腐の賞味期限についてです。

その日に食べる分を作るのであれば全く問題ありません。

また次の日の分を作っておく分にも問題はありません。

ただ一気に作り置きして保存しておこうという場合には注意が必要です。

炒り豆腐の賞味期限は、

3日

です。

またこの3日というのも正しい保存方法を守った場合のことです。

正しい保存方法をしないのであれば賞味期限はさらに短くなります。

このように炒り豆腐の日持ちはあまりよくありません。

そのため炒り豆腐は大量に作って作り置きしておくという方法には不向きです。

そのためその日に食べる分、

またはその日に食べる分と次の日のお弁当の分、

くらいの量を1度で作るのがよいでしょう。

炒り豆腐自体作り方は難しいわけでもありませんし、

とても手間がかかる料理でもありませんから、

作る場合にはあまり多い量を作らない方がよいでしょう。

そうしないと3日間炒り豆腐を食べ続けなくてはならなくなってしまいます…

広告



炒り豆腐の保存方法は?

続いては保存方法についてです。

炒り豆腐の保存は冷蔵庫です。

冷蔵庫に入れておけば3日間は持ちます。

ただ保存期間の長さは保存方法だけに左右されるわけではありません。

調理の方法によっても炒り豆腐の日持ちは変わってきます。

それはどういうことかというと、

炒り豆腐はしっかりと水分を飛ばした方が長持ちする

ということです。

炒り豆腐を作るときにしっかりと水分を飛ばさずに、

ベチョベチョのままならやはり3日間しか持ちません。

ただしっかりと過熱して水分を飛ばしカラカラにすれば4日間ほど持ちます。

このように調理の方法によっても食品の日持ちは変わるのです。

ただ水分があった方がおいしいという人も多いでしょう。

そういう人は無理して水分を飛ばす必要はありません

水分がある程度あっても3日間はしっかりと持ってくれるので。

逆に水分を飛ばしてカラカラにしても1日しか延びないので気にしなくてもよいです。

ただ作りすぎて一気には食べられないというときには、

過熱しなおして水分を飛ばすという方法もあるということを提案しただけなので。

無理に水分を飛ばす必要はありません。

それで好みの料理が作れなければ本末転倒ですから。

広告



炒り豆腐は冷凍保存できる?

最後は炒り豆腐の冷凍保存の可否についてです。

冷蔵保存では3日間なら冷凍保存すればもっと日持ちさせられるのでは?

と思った人もいるのではないでしょうか。

ただ炒り豆腐は冷凍保存はできません。

炒り豆腐を冷凍保存すると豆腐がカスカスになってしまって味が著しく落ちてしまいます

これは炒り豆腐に限らずほかの豆腐料理にも当てはまります。

みなさん高野豆腐って知ってますよね?

あれは豆腐を低温熟成させた後乾燥させたものです。

このように豆腐は低温にさらされると食感が全く変わってきます。

なので豆腐料理は冷凍保存しないようにしましょう。

まとめ

今回は炒り豆腐の日持ちや保存について書いてみました。

本文中にも書きましたが冷凍保存は絶対にやめてくださいね。

食感が全く変わってしまうので。

ただ豆腐を冷凍するとお肉のような食感になるとのことです。

気になる方は「豆腐 冷凍」と調べてみてください。

豆腐で作る「疑似肉」のレシピが多く出てくるので。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告