石灰を溶かす除去方法は?クエン酸や洗剤で汚れを落とす方法も紹介!

石灰の汚れって厄介ですよね。

一回ついてしまうとなかなか取れません。

しかも放置しておくと汚れが塊になって更に取りにくくなっていきます。

今回はそんな厄介な石灰汚れ対策について書いてみました。

石灰を溶かす洗剤は沢山あるのですが、

いくつかをピックアップして比較していきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 石灰の除去方法は?
  • 石灰汚れの洗剤は何が良い?

となっています。

それでは発送開始!

広告



石灰の除去方法は?

まずは石灰の除去法についてです。

まずは石灰汚れの原因についてですが、

  • カルキの結晶化
  • 尿石

ほとんどはこの2つです。

前者に関しては比較的薄く結晶が付くので取るのは簡単です。

といっても長年放置していた場合は話が違ってきますが…

大抵は石灰の溶剤を付けて軽くこすれば取れてくれます。

溶剤については後半で紹介しますね。

問題なのは後者の方です。

石灰が塊のように結晶になるので取りにくいです。

そのうえとても固いのでただこするだけでは取れません。

それではどうすれば良いのかということですが、

まずは汚れをはがすことが大切です。

汚れがこびりついたままでは取れないままなので。

ただ稀に洗剤を駆使しても取れないという場合があります。

そんな事態に直面してもまだあきらめなくても大丈夫です。

溶かそうとせずに削り取れば良いので。

どうしようもなくなったらやすりで削り取ってしまいましょう。

ここで注意しないといけないのは目を粗くし過ぎないことです。

目を粗くし過ぎてしまうと便器自体を傷つけてしまうことになります。

なのでやすりを使う場合には目が細かいものを使いましょう。

また、

こういった専用のものもあるのでそういったものを使うのも良いでしょう。

これなら大抵の汚れは落とすことが出来るでしょう。

ただ汚れが酷ければ酷いほどに量がたくさん要ります

やはり日々のこまめな掃除が一番大切ですね。

広告



石灰汚れの洗剤は何が良い?

続いては石灰汚れの洗剤についてです。

これに関してはカルキの結晶とトイレの尿石の2種類があるのでそれぞれ紹介しますね。

まずはカルキの結晶から。

これには↓

  • クエン酸
  • 磨き剤

といったものが使えます。

それぞれ詳しく書いていきますね。

まずはお酢です。

カルキはアルカリ性の汚れなので酸性の酢で溶かすことが出来ます。

ただ付けてすぐに取れるというわけではないので、

  1. 酢を付ける
  2. ティッシュで覆う
  3. サランラップで覆う
  4. ある程度放置する
  5. 最後にメラミンスポンジなどでこする

といったようにして使いましょう。

これなら頑固なカルキ汚れにも対応することが出来ます。

クエン酸

こちらも酢と同じ原理でカルキを溶かせます。

また酢とは違って臭いが無いので使いやすいです。

使い方はお酢と同じで大丈夫です。

磨き剤

酢やクエン酸でも取れないような頑固な汚れには磨き剤が有効です。

↑このようにカルキ汚れ向けの磨き剤も売られています。

これを使えば傷を抑えて頑固な汚れを取ることが出来ます。

お酢やクエン酸を試してもダメだった時にはこれも試してみてください。

これなら大抵の汚れなら取れると思うので。

続いてはトイレの尿石です。

広告



トイレの尿石を取るのには↓

  • 酸性洗剤
  • 尿石落とし
  • チューブ状洗剤

といったものが有効です。

酸性洗剤

まずはトイレ掃除の王道、酸性洗剤です。

先ほども書いたように石灰はアルカリ性なので酸性は有効です。

トイレ用洗剤は大抵が酸性なのでどれを使ってもほとんど問題はありません。

また、

  1. 尿石部分にトイレットペーパーを敷く
  2. それに酸性洗剤をかける
  3. 放置する
  4. 流してこする

という方法でやるのが効果的です。

是非やってみてください。

尿石落とし

尿石落としというものもあります↓

名前の通り尿石を落とすためのものなので尿石汚れには効果的です。

こちらも先ほどの方法が効果的です。

チューブ状洗剤

チューブ状洗剤というものもあります。

↑これは局所的に使うのに向いています。

特に酷い汚れがあるときに使いましょう。

まとめ

今回は石灰汚れについて書いてみました。

厄介な汚れであることには間違いないですが、

今回は紹介した方法で掃除をすれば、

しっかりと落とせるのでぜひやってみてください

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告