ウイスキーを毎日飲むメリットデメリットは?健康に良いのか否か

ウイスキーが好きで毎日飲んでいるという人はいませんか?

健康に良いものであれば毎日取り入れるとメリットがあります。

ただどんなに健康に良いものでも過度な摂取は毒になります。

そのため毎日取り入れるとデメリットがある場合もあります。

またそもそも体に悪いものは毎日摂取するとデメリットがあります。

ウイスキーはこの中のいずれであるか?

と気になったので今回はウイスキーを毎日飲むことのメリットデメリットについ書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ウイスキーを毎日飲むメリットは?
  • ウイスキーを毎日飲むデメリットは?
  • ウイスキーの適度な摂取量は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



ウイスキーを毎日飲むメリットは?

まずはウイスキーを毎日飲むことのメリットです。

ウイスキーを毎日飲むことにもメリットはあります。

実際にウイスキーの効能は研究で明らかになっています。

ほかのお酒に比べてウイスキーが優れているのは、

カロリーが低く、プリン体がほとんど含まれていない、

というところです。

またほかにも、

  • 抗酸化作用
  • リラックス効果
  • 血液をサラサラにする
  • 記憶力の向上

といったような効能があります。

それぞれ詳しく書いていきますね。

抗酸化作用

まずは抗酸化作用です。

これはウイスキーに含まれるポリフェノールの、

リオニレシノール・エラグ酸

の抗酸化作用によるものです。

リオニレシノールには がん予防効果

エラグ酸には美容効果生活習慣病の予防効果、

を享受することができます。

リラックス効果

続いてはリラックス効果です。

アルコールの作用と樽から移った木の香りによるものです。

これによりストレス解消も期待できます。

血液をサラサラにする

続いては血液をサラサラにする効能についてです。

これはアルコールの作用とポリフェノールの働きによるものです。

これにより動脈硬化を予防することができます。

記憶力の向上

最後は記憶力の向上です。

これは意外な効能ですよね。

抗酸化作用血流促進によるものです。

認知症の予防にもなるようです。

広告



ウイスキーを毎日飲むデメリットは?

続いてはウイスキーを毎日飲むデメリットについてです。

メリットは先ほども上げたように多くありますが、

ウイスキーを毎日飲むことのデメリットもあります。

それが、

肝臓や脳を休めることができないことです。

休肝日という言葉があるように肝臓を休める日が必要なのです。

ただこれに関しては適切な量を守っていればさほど問題ではありません。

休肝日が必要なのは過剰な量を飲む人に限るので。

適度な量を毎日飲むことには肝臓へのダメージはほとんどないです。

ただ脳にはダメージがあります。

アルコールを摂取するとすぐに寝てしまう人っていますよね。

それを見てアルコールは睡眠に良いと考えるのは早計です。

確かにアルコールを飲むと寝つきはよくなります。

ただ眠りが浅くなってしまうのです。

それではしっかりと脳を休めることができません。

そのため脳のためにもウイスキーを飲まない日を作るべきなのです。

広告



ウイスキーの適度な摂取量は?

最後はウイスキーの適度な摂取量についてです。

ウイスキーを飲むことには効能があると前半に書きました。

ただそれは適度な量のウイスキーを飲んだ場合です。

適度な量でない場合はメリットよりもデメリットが大きくなってしまいます。

ウイスキーの適度な量を知っていますか?

ウイスキーをよく飲むという人で知らない人は知っておくほうがよいでしょう。

ウイスキーの適量は60ml以下です。

これはシングルで2杯分ダブルなら1杯分です。

このようにウイスキーは度数がとても高いお酒なので適量も少ないです。

この適量をしっかりと守って楽しみましょう。

まとめ

今回はウイスキーを毎日飲むメリットデメリットについて書いてみました。

毎日飲むか否かということよりも適量を守るか否かの方が大切です。

しっかりと適量を守って飲むようにしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告