ういろうはまずいorおいしい?味はどんなものなのかが気になる!

皆さんういろうという名前を絶対一度は聞いたことがありますよね。

また、

ういろうは和菓子である、

ということもほとんどの人が知っているでしょう。

ただ食べたことがある人はもちろん、

どんな味なのか知っているかと思いますが、

一度も食べたことがないという人は、

ういろうがどんな味なのかを知らない人が多いです。

そこで今回はういろうの味について書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ういろうとは?
  • ういろうはどんな味?
  • ういろうとようかんの違いは?

となっています。

それでは発送開始!

広告



ういろうとは?

まずはういろうとは何なのかについて書いていきます。

名前を聞いたことがあってもどのようなお菓子なのかは知らないという人も多いでしょう。

そんなひとのために軽くういろうについて書いておきますね。

ういろうというのは皆さんも知っての通り和菓子です。

  • 外良
  • ういろ
  • うゐろ
  • ういらう
  • うゐらう

といったように様々な呼称があります。

米粉などの穀粉砂糖湯水を練り合わせて、

それを型に注いで蒸籠で蒸して作られます。

穀粉には米粉のほかに小麦粉ワラビ粉が使われます。

またこれらに小豆餡抹茶が混ぜられることもあります。

タイトルしちゃの画像のようなカラフルなういろうはそれです。

一説では起源は博多にあり京都がそれを広めたのではないかといわれています。

ちなみに今では、

  • 小田原
  • 名古屋
  • 伊勢
  • 京都
  • 神戸
  • 山口
  • 徳島
  • 宮崎

といったような地域がういろうで有名です。

それぞれの地域によって味に違いがあるようです。

このような場所に訪れる際にはういろうを食べてみるのもよいでしょう。

またお土産にもおすすめです。

広告



ういろうはどんな味?

続いてはういろうの味についてです。

ういろうというと見た目が羊羹に似ているので、

羊羹のような味をイメージするかもしれません。

ただその2つは全く違った味です。

ういろうとようかんのちがいについては最後に書きますね。

ういろうは先ほども書いたように米粉など入っているので食感はモチモチとしています。

それをういろうのお店では、

「もっちりした搗き立てのお餅みたい」

といったように表現されていました。

モチモチしてい食感のものが好きな人はおいしく食べられるでしょう。

また甘さに関してですがこれは店舗によって変わってくると思いますが、

優しい甘さで甘すぎるということはありません。

味も小豆餡が入っているものは例外ですが、

餡の味はせず羊羹とは全く違った味です。

ちなみにういろうには味にいろんな種類があり、

  • 白砂糖
  • 黒砂糖
  • 抹茶
  • あん
  • さくら

といったような味があります。

それぞれに色が付いているのでカラフルで目でもおいしいです。

ここまで読んでみておいしそうだと思ったのならば、

一度ういろうを実際に食べてみるのがよいでしょう。

食べれば味がわかりますしね。

百聞は一食に如かずです。

広告



ういろうとようかんの違いは?

最後はういろうとようかんの違いについてです。

よくういろうとようかんは似ているというイメージを持っている人がいますがこの二つは全く違ったものです。

まず、材料から違います。

羊羹の主な材料は、

  • 寒天

ういろうの主な材料は、

  • 米粉
  • 砂糖

このように材料からして全く違います。

また先ほども書いたように味も全く違います

まあ、ここまで材料が違うので当たり前ですが…

作り方は言うまでもなく違います。

このようにういろうとようかんには類似点はほとんどありません。

似ているのは見た目くらいです。

まとめ

今回はういろうについていろいろと書いてみました。

ういろうについてのイメージが覆った人もいるでしょう。

気になった方は一度食べてみてください。

さらにイメージが覆るかもしれませんよ?

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告