ういろうの美味しい食べ方や切り方は?アレンジ方法も紹介!

皆さん、ういろうを食べたことがありますか?

自分でういろうを買って食べるという人は少なくとも、

贈り物ではよくういろうをいただく機会があるので、

そういった機会にういろうを食べたことがある人も多いでしょう。

ただ普段食べないので食べ方がわからなくて困りませんか?

せっかくいただいても食べ方を知らないならもったいないことになります。

そこで今回はういろうのおいしい食べ方や切り方についてかいてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ういろうの美味しい食べ方は?
  • ういろうの正しい切り方は?
  • ういろうのアレンジ方法を紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



ういろうの美味しい食べ方は?

まずはういろうの食べ方についてです。

食べ方は特に難しいものではありません。

一口ういろうのような小さく切られて個別包装されているものであれば、

それを包装から出せばそのまま食べるだけで大丈夫です。

ただ問題なのは大きな棒状のういろうです。

こういった形状のものは上部に切れ目を入れて食べる分だけ割くようにしましょう。

またそれだけでは食べられません。

そこからういろうを切る必要があるのです。

これについてはきれいに切るのにコツがいります。

後半で詳しく書いていきますね。

切り方さえ注意すればあとは食べるだけです。

和菓子なので食べるときは緑茶なんかと一緒に食べるのがおすすめです。

ちなみに保存は常温で大丈夫です。

ういろうは冷蔵庫に入れてしまうと硬くなってしまうので。

また冬はあまり寒くないところに置いておきましょう。

ただ硬くなってしまっても、

  1. フィルム包装のままでゆでる
  2. その後冷水で冷やす

というようにすれば柔らかくなります。

広告



ういろうの正しい切り方は?

続いてはういろうの切り方についてです。

ういろうはきれいに切るのにちょっとしたコツがいります。

何も知らずに切るとなかなか切れません。

特に包丁を上下に動かして切ろうとするときれいに切れません。

ういろうを切るときには、

包丁を押し付けるようにして切りましょう。

これなら切りにくいういろうもきれいに切れます。

また切る大きさについてですが好きな大きさに切ればよいのですが、

羊羹くらいの大きさに切るのが一般的です。

これがくらいが一番食べやすいので。

切った後は綺麗なお皿に乗せるとさらに良いです。

そこからは竹串や爪楊枝でかぶりついてもよいのですが、

こういった「菓子切」を使えば雰囲気が出るのでおすすめです。

こちらの方が食べやすいという利点もあります。

これはういろうに限らず羊羹なんかにも使えるので、

家に置いておいても損はないでしょう。

お客さんが来た場合などにも役に立つので。

広告



ういろうのアレンジ方法を紹介!

最後はういろうのアレンジ方法についてです。

贈り物で大量にもらったういろう。

最初はおいしく食べられていたのに、

さすがに食べ過ぎて味に飽きてしまった…

と困っている人はアレンジしてみるのがよいでしょう。

ういろうには、

  • アイスに乗せる
  • ホットサンドに挟む
  • 焼いたり揚げたりする

といったようにいろんなアレンジ方法があります。

そのまま食べるのが一番かもしれませんが、

味に飽きた人はやってみても面白いかもしれません。

それぞれ詳しく書いていきますね。

アイスに乗せる

アイスにモチモチのういろうが意外に合います。

雪見大福をイメージしてもらうのがわかりやすいと思います。

これは普通においしいのでぜひ試してほしいです。

ホットサンドに挟む

これはバタートーストにういろうを挟む食べ方です。

ういろうのアレンジ方法の中では王道ですね。

焼いたり揚げたりする

こちらも食感が変わっておいしいです。

焼くときはオーブンで焼くのがよいです。

揚げるのに関してはういろう屋さんでも薦められている食べ方なのでおいしいです。

まとめ

今回はういろうの食べ方について書いてみました。

詳しく書いたのでぜひ実践してみてください。

またアレンジ方法も紹介したので少し飽きたなという時に試してみてくださいね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告