キムチでおならが臭い・止まらない!?原因や対策も!

キムチとおならに相関性があるといったような話を聞いたことがありませんか?

キムチを食べるとおならが多くなるといったようなものや、キムチを食べるとおならが臭くなるといったような話は良くされます。

そういった聞いたことはあっても真偽がはっきりしないという人も多いと思います。

なんといってもこういった話にはデマが多いですからね。

実際にその理由などもあまり情報がありませんしね。

そこで今回はキムチとおならの相関性について詳しく調べてみました。

  • キムチとおならの関係は?
  • おならが多い原因と対策は?
  • おならが臭い原因と対策は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



キムチとおならの関係は?

まずはキムチとおならの相関関係の有無についてです。

キムチを食べるとおならが多く出るけれどこの原因は本当にキムチなのかと気になっている人も多いと思います。

結論から言うとキムチを食べるとおならが出やすくなります。

またキムチを食べるとおならの臭いがきつくなることもあります。

ということでキムチとおならに相関関係があるといって差し支えないでしょう。

おならが多くなるとともにおなかにガスがたまるのでおなかが張るといったようなことも起こります。

原因は後半で詳しく書きますが「キムチが発酵食品であること」が密接に関係しています。

その証拠にキムチ以外の発酵食品でもおならが多くなったり臭いがきつくなったりします。

その例がヨーグルトです。

ヨーグルトもキムチと同様に乳酸菌発酵食品です。

ただこれは体に悪いことではありません

詳しくは次の段落で書くので勘違いしないように最後まで読んでくださいね↓

広告



おならが多い原因と対策は?

続いてはキムチを食べるとおならが増える原因と対策についてです。

これは先ほども書いたように乳酸菌が原因です。

詳しく書くと、乳酸菌により腸内環境が活性化され多くガスが作られるからです。

乳酸菌に慣れていない人が乳酸菌を一気にとるとガスがたまり過ぎるので、慣れていない人は少ない量から摂る方が良いとのことです。

これは乳酸菌により腸内環境が活性化されているという良い傾向なので心配しなくても大丈夫です。

ただそうはいってもおならが増えるのが嫌という人もいますよね。

そういう人はやはり少しずつ量を増やして慣れさせていくというのが良いでしょう。

すこしの量ならそこまでおならが増えるわけではないので。

また出たとしても乳酸菌によるおならは無臭ですしね。

むしろ臭いがきついおならの改善になるくらいですからね。

そのため過度な心配は必要ないです。

過度な心配によるストレスで腸内環境が悪化してしまっては元も子もないですからね。

広告



おならが臭い原因と対策は?

最後はキムチによる臭いおならの原因と対策についてです。

さきほど乳酸菌によるおならは無臭と書いたばかりなのにと思っている人もいるかもしれません。

確かに乳酸菌によるおならは基本的には無臭です。

ただ腸内環境が悪い場合は話が別です。

腸内環境が悪い状態であればいくら乳酸菌を摂ってもおならの臭いは軽減されません。

その腸内環境の悪化の原因がキムチにあるのです。

それがキムチの香辛料です。

キムチの香辛料が腸内を過度に刺激することにより腸内環境が悪化します。

辛いものを食べた後に胃腸に負担がかかるのはこれが原因です。

腸内環境とおならの臭いには密接に結びついているのです。

これを対策するのは食べ過ぎないようにすることが一番です。

食べ過ぎることによって腸内が刺激され過ぎるので。

またキムチの塩分も胃腸に負担をかけかねないので食べ過ぎは絶対にやめましょう。

まとめ

今回はキムチとおならの関係について書いてみました。

食べ過ぎない限りは腸内環境の改善に効果的なキムチですが、食べ過ぎると腸内環境の悪化の原因になりかねないという不思議な食べ物です。

どんなものでもそうですが適量を守って食べるようにしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告