キムチは腹痛・下痢・吐き気の原因!?対処法や治し方も!

皆さんはキムチにどのようなイメージを持っていますか?

辛いというイメージはもちろんですが、キムチは発酵食品なので健康に良さそうなイメージを持っている人も多いでしょう。

実際にキムチには様々な効能があります。

それについては本文中で詳しく書いていきますね。

ただそんなキムチにもデメリットがあります。

それがタイトルにもあるように、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気

といったような症状の原因になることです。

キムチが好きなのにこういった症状に悩まされているという人もいると思います。

そこで今回はキムチのデメリットについて詳しく書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • キムチによる腹痛・下痢・吐き気の原因や対策は?
  • キムチの効能は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



キムチによる腹痛・下痢・吐き気の原因や対策は?

まずはキムチと不調の関連性についてです。

実際にキムチを食べると、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気

といったような不調を訴える人は多いです。

キムチを食べると毎回こういった不調が出るためキムチを敬遠しがちという人もいるかもしれません。

そんなことを気にせずキムチを食べられるようになるため原因や対策を詳しく書いていきますね。

キムチによる不調の原因はなぜ?

まずは原因です。

キムチにより胃腸に不調が出るのは香辛料が原因です。

キムチは香辛料をたくさん使ってますよね。

その香辛料で胃腸が刺激されることによって不調をきたします。

これは何もキムチに限ったものではありません。

辛い食べ物全般に言えることです。

特に辛いものを食べ過ぎた時にこういった症状が出ることが多いです。

基本的に胃腸は刺激があるものに弱いということを知っておきましょう。

広告



キムチによる不調の対策法を紹介!

続いてはキムチによる不調の対策法についてです。

これに関してはキムチを多く食べ過ぎないということが一番です。

少ししか食べないのであれば症状が出ることもほとんどないので。

そのため食べ過ぎないということが一番の対策法です。

ただ体質によってはすこし食べただけでも症状が出てしまう人もいます。

そういった人は病院の先生に相談してみるのが良いでしょう。

胃腸は強くすることは難しいので食べて慣らそうとするのはやめておきましょう。

むしろ悪化する可能性もあるので。

ただどうしても食べないといけない時やどうしても食べたいというときは食べる前に胃腸薬を飲んでおくというのも効果的です。

たまにしか食べないのであればこの方法でも問題ないと思います。

胃腸薬以外にも、

  • 食べる前に乳製品を摂る
  • 水を過剰に飲まないようにする

といったような対策法があります。

こういったことにも気を付けておけばいくらかは症状を緩和することができるでしょう。

広告



キムチの効能は?

最後はキムチの効能についてです。

ここまでキムチの悪いところばかり書いてきましたがなにも悪いことばかりではありません。

キムチにも良いところはあります。

主な効能を挙げてみると↓

  • 脂肪燃焼効果
  • 疲労回復効果
  • 美容効果

といったようなものがあります。

辛み成分のカプサイシンも脂肪燃焼効果という良い面があります。

また、ビタミンBも豊富に含まれているため疲労回復効果もあります。

さらには女性にうれしい美容効果も。

このように何も悪いことばかりではないので、体質的に問題がないのであれば食べても問題はないです。

むしろ様々な効能を享受できますしね。

ただ食べ過ぎると胃腸の不調以外にも塩分過多になる恐れがあります。

くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。

まとめ

今回はキムチによる不調について書いてみました。

これに関しては食べ過ぎないようにすることしか根本的な対策法はありません。

胃腸薬を飲めば症状は出ないかもしれませんがキムチを食べるたびに胃腸薬を飲むのもおかしいですからね…

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告