豆炭の使い方や着火方法は?臭いや原料に燃焼時間や料理に使って良いのかも!

皆さんは豆炭を使ったことがありますか?

豆炭というのは名前の通り豆状の固形燃料なのですが、

着火などはじめての人は少々てこずることもあります。

また臭いがあるのでそれが気になっている人も多いでしょう。

そこで今回は豆炭について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 豆炭の使い方は?
  • 豆炭の着火方法は?
  • 豆炭の燃焼時間は?
  • 豆炭の原料は?
  • 豆炭は料理に使えるのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



豆炭の使い方は?

まずは豆炭の使い方についてです。

豆炭のこと聞いたことがあっても使い道が分からないという人も多いでしょう。

豆炭は使い道が多くあります。

何個か挙げてみると↓

  • こたつ・あんかの熱源
  • 蒸気機関車の燃料
  • 料理の熱源

とこのようなものがあがります。

それぞれ詳しく書いていきますね。

こたつ・あんかの熱源

これが一番多い使われ方でしょう。

最近は電気式のこたつやあんかが主流ですが今でも豆炭を使っているところは多いです。

特に雪国などではよく使われています。

豆炭が電気に比べて優れているのは何といってもコスパです。

1個5円ほどなのですがそれで1日持つのですから。

コスパが良すぎますよね。

また灯油などと比べて保管も簡単です。

蒸気機関車の燃料

変わったところで行くとこのような使われ方をすることもあります。

実際に今でも大井川鉄道などの蒸気機関では豆炭が燃料として使われています。

また昔は鉄道関係で多く使われていました。

料理の熱源

料理の熱源として使われることもあります。

昔は多く使われていたようです。

ただ今では料理ではあまり使われることはありません。

これについては後半に詳しく書きますね。

広告



豆炭の着火方法は?

続いては豆炭の着火方法についてです。

豆炭は長く燃え続ける反面付けるのが少し難しいです。

↑こういった比較的付きやすいものもあります。

ただこれになると値段が高くなってしまうので豆炭のメリットがなくなってしまいます。

豆炭を使いたいだけならこれでも良いですがコスパが目当てならお勧めできません。

ただ付ける方法はあります。

それはコンロの上に置いて放置するという方法です。

これなら付けにくい豆炭も比較的簡単に付けることが出来ます。

ただ最近のガスコンロには安全装置が付いていることもありこの方法が使えないこともあります。

また放置するといってもしっかりと目を離さないようにしましょう。

火事の原因にもなりかねないので。

またバーベキューなどで屋外する場合には、

着火剤を付けて普通の木炭と同じように着火するのが良いでしょう。

広告



豆炭の燃焼時間は?

続いては豆炭の燃焼時間についてです。

使うにあたって気になるところですよね。

これに関しては用途によって変わってきます。

  • 七輪     3時間
  • 練炭コンロ  4時間
  • 火鉢     8時間
  • こたつ    1日
  • あんか    1日

とこのように違ってきます。

使用するとの参考に是非。

豆炭の原料は?

続いては原料についてです。

豆炭という名前を見て最初は豆から出来てるのかななんて思っていましたがもちろん違います。

冒頭にも書いたように豆状の固形燃料であって豆の炭ではありません。

原料は↓

  • 石炭(木炭・コークス)
  • 消石灰
  • ピッチ
  • ベントナイト

といったものです。

また最近では木炭粉を主原料にした豆炭が100均やホームセンターに売られています。

豆炭は料理に使えるのか?

最後は豆炭は料理に使えるかについてです。

まず結論から言いますが、

使えなくはないがおすすめはしない

といった感じですかね。

使えないことはないですし言ってみれば昔は実際に使われていました。

ただ臭いがやはり強いので向いてはいません。

特にバーベキューなどの直火に当てる時には止めた方が良いでしょう。

ただ↓

こういったバーベキュー用のものも出ているのでこういったものを使うのは有りでしょう。

またダッチオーブンなどには普通に向いています。

まとめ

今回は豆炭について書いてみました。

値段は安いですし燃焼時間もとても長いので便利な面も多いです。

ただ臭いは強いので他の燃料とうまく使い分けましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告