にがりは体に悪くて害?副作用などについても紹介!

皆さん、にがりって知ってますか?

有名な所でいうと豆腐を固めるのに使うあのにがりです。

名前を聞いたことがあったり豆腐に使われることは知っていてもどんなものなのか詳しくは知らない人が多いでしょう。

そうなる時になるのが健康面についてです。

体に害がないのかなど気になりますよね。

そこで今回はにがりについて詳しく書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • にがりとは?
  • にがりは体に悪い?
  • にがりの効果は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



にがりとは?

まずはにがりとは何なのかについてです。

にがりがいったい何なのか知らない人も多いでしょう。

にがりは、海水から抽出された塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物のことです。

これは海水から塩を作る際に出た不純物のことを指します。

塩化マグネシウムのほかにはナトリウムやカリウムを含んでいます。

ちなみに正式名称は「粗製海水塩化マグネシウム」といいます。

これは食品衛生法で定められている名前です。

冒頭にも書いたようににがりは伝統的な豆腐の作り方に不可欠なものです。

ここから分かるようににがりは昔から使われていました。

豆乳ににがりを入れると固まるというのがよく発見されたものです。

どんな食べ物もそうですが最初に作った人って往々にして偉大ですよね。

このほかの用途といえば煮物のアク取りくらいです。

このように今ではあまり用途がないにがりですが、

昔は塩に少しのにがりを加えて甘塩というものを作っていました。

これをすることによってまろやかな塩味となったため高価に取引されていたとか。

ただ今ではこのやり方で作られている塩はほとんどないのだとか…。

今でも伝統製法を守っているところはあってもここまではなかなかできていないようです。

広告



にがりは体に悪い?

続いてはにがりは体に悪いのかどうかについてです。

一見ミネラルが豊富に含まれていて健康に良さそうなものですよね。

ただ実際には体に良いとは言えません…

豆腐を食べる分には何の問題もありません。

ただにがりを単体として意図的に摂取するのには問題があります。

豆腐に入っているにがりの量はほんの少しなので影響はほとんどありません。

そもそもにがりというのは先ほども書いたようにミネラルが主成分です。

日本人はミネラルが不足しているので体にむしろ必要です。

ただその不足しているミネラルをにがりで摂ろうとするのが間違いなのです。

ミネラルは単体で摂ることは危険だとされています。

にがりはほとんどがマグネシウムですからにがりを飲むとマグネシウムの単体摂取になります。

骨を強くすることで知られているカルシウムも単体摂取ではむしろ骨をもろくするという研究結果もあります。

あくまで偏りがないようにバランスよくとる必要があるのです。

ただ量を摂ればよいというわけでは決してありません。

広告



にがりの効果は?

最後はにがりの効果についてです。

ただはっきり言ってにがりには健康効果はほとんどありません。

むしろ単体であれば先ほども書いたように害です。

ミネラルはやはりバランスの良い食生活により取り入れるべきです。

またそれで足りない場合の最終手段がサプリメントです。

サプリメントはしっかりとバランス良く調合されているので、

ミネラルが偏って悪影響が及ぼされる可能性も低いです。

まとめ

今回はにがりについて書いてみました。

健康に関しての情報は嘘も多いです。

それを見極める情報の取捨選択に自信がない人はそういったものを見ないようにした方が良いでしょう。

間違った知識は本当に危険なので。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告