菓子パンは健康に良い・悪い?有害なのか否かが気になる!

菓子パンをよく食べるという人いますよね?

今となっては菓子パンを全く食べないという人はほとんどいないでしょう。

朝食や昼食を菓子パンで済ませている人も多いと思います。

僕も朝食には菓子パンをよく食べます。

このように現在多くの人が菓子パンを常食しています。

そうなるときになるのが菓子パンの体への影響です。

そこで今回は菓子パンは健康に良いのか悪いのかについて書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 菓子パンは体に良いのか悪いのか?
  • 菓子パンの代用は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



菓子パンは体に良いのか悪いのか?

まずは菓子パンは体に良いのか悪いのかについてです。

大抵の食べ物は体に良いところと体に悪いところの2つがあります。

ただ菓子パンに関しては良いところが見当たりませんね…

さすがに菓子パンを体に良いとは言えないでしょう。

どんなに工夫をしても体に良いようにはなりませんから。

ただ全く持ってメリットがないのかといわれればそんなことはありません。

菓子パンが好きな人にとってはそれを我慢することによってストレスになります。

そのため菓子パンを食べることによってストレス解消になります。

それが唯一のメリットでしょうか。

気は万病のもとといいますからね…

ただそれ以上のデメリットがあるのでメリットがないとは言いませんが、

体に良いというのはどう考えてもさすがに厳しいところがありますね。

これが通用すれば煙草もストレス解消になるから体に良いということになってしまいますから…

菓子パンは全く持って体には良くないと断言しても間違いないでしょうね。

広告



そうなると菓子パンは体に悪いということになりますが、

菓子パンには体に悪い要素がとても多いのでこちらは簡単に挙げれます。

まず第一に糖質が高いです。

糖質は人間にとってなくてはならないものではありますが、

摂り過ぎてしまうと体に害しかないといっても過言ではありません。

最近では必要以上の糖質制限を行って栄養も制限してしまうダイエットが存在します。

このように無理やり制限してしまうのは逆効果です。

ただ菓子パンに関してはそもそもたいして栄養があるわけではありません

そのため菓子パンを食事としてしまうと栄養は摂れないですし、

糖質も摂り過ぎてしまうという最悪な状況になってしまいます。

菓子パンもお菓子や煙草と同じような嗜好品として考えるようにしましょう。

お菓子を食事にしようとは思わないでしょう。

それと同じで菓子パンもそれだけで食事とみなすのは危険です。

あくまで嗜好品であるという考えを持っておきましょう。

また菓子パンが体に悪いのは糖質が多いだけではありません。

添加物が多く含まれているというのも体に悪い要素の一つです。

添加物というのはすべてが一応は安全だとされています。

ただ体に良いとは到底思えません。

極力は口にしないようにするのが良いでしょう。

広告



菓子パンの代用は?

最後は菓子パンの代用についてです。

菓子パンをやめるにしてもそれを何で代替するのかですよね。

朝ご飯を菓子パンで済ませている人はそれをお米に変えてみるのはどうでしょうか?

お米なら腹持ちが良いですから朝ご飯にはうってつけです。

またもちろん無添加ですしね。

ただ時間がないなどの理由でそうもいかない人もいるでしょう。

そんな人は、

こういった添加物・砂糖不使用のパンもあるのでこういったものを選びましょう。

ちなみに原材料は↓

  • 自家製天然酵母
  • ホシノ天然酵母
  • 岩手県産小麦
  • フランス産天日塩

となっています。

これならむしろ体に良いほどです。

パンが好きだという人もこれなら安心してパンを食べられます。

まとめ

今回は菓子パンと健康について書きました。

すぐにでもやめろとは言いません。

ただ少しずつでも量を減らしていくのが良いでしょう。

嗜好品なのですから嗜む程度に抑えるのが得策です。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告