イノシン酸が多い食材(食品)は?調味料でなく食べ物から!

イノシン酸って知っていますか?

イノシン酸というのはうまみ成分の一つです。

今では調味料などを使うことによって、

旨味を料理に加えることが出来ます。

ただイノシン酸の多い食材を使って、

調味料に頼らずに旨味を出したいですよね。

そこで今回はイノシン酸の多い食材について書いてみました。

また後半ではほかのうまみ成分との比較についても書いていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • イノシン酸とは?
  • 他の旨味成分との比較!
  • イノシン酸の多い食材は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



イノシン酸とは?

まずはイノシン酸についてです。

冒頭にも書いたようにうまみ成分の一つです。

ちなみにイノシン酸はDNAの原料となります。

またイノシン酸を取り入れると細胞が活性化され新陳代謝が促されるという効能があります。

そのため具体的には、

  • 美容効果
  • 体形の維持
  • 風邪予防

といったような効果があるようです。

料理に旨味を加えるためというだけではなく、

健康効果ををも享受できるのだから、

ぜひ食卓に取り入れたところですよね。

これらは調味料でも加えられます。

ただできるなら食材からイノシン酸を取り入れたいところです。

後半にはイノシン酸を多く含む食材について書いていきますね。

最後に科学的な説明も載せておきますね↓

イノシン酸(イノシンさん、inosinic acid)は、ヌクレオチド構造を持つ有機化合物の一種である。

ヒポキサンチン(6-ヒドロキシプリン)と D-リボースとリン酸各1分子ずつで構成されたリボヌクレオチドで、イノシン 5′-リン酸、イノシン 5′-モノリン酸、イノシン一リン酸などとも呼ばれ、IMP と略記される。

主に肉類の中に存在する天然化合物である。

出展先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%B3%E9%85%B

何が何だかわからないですよね…

広告



他の旨味成分との比較!

続いてはほかのうま味調味料との比較についてです。

イノシン酸以外にもうまみ成分は存在します。

それが、

  • グルタミン酸
  • グアニル酸

です。

これら3つを合わせて「3大うまみ成分」と呼ばれます。

これらは2つに分類することができ、

それが、

  • アミノ酸系
  • 核酸系

の2つです。

グルタミン酸はアミノ酸系に、

イノシン酸とグアニル酸は核酸系に、

分類されます。

一般的にはアミノ酸系×核酸系の組み合わせが良いといわれています。

そのため、

日本では、昆布×鰹節

欧米では、セロリ・玉ねぎ・ニンジン×牛肉

中国では、白菜・ねぎ×鶏肉

といったような組み合わせで相乗効果を図っています。

このようにそれぞれのうまみ成分は用途が違い、

それぞれをうまく掛け合わせることで相乗効果が得られます。

広告



イノシン酸の多い食材は?

最後はイノシン酸多く含む食材についてです。

イノシン酸は鰹節からとることが多いです。

これは知っているという人も多いでしょう。

ただほかにもイノシン酸を多く含む食材はあります。

それが、

  • 煮干し (350~800)
  • あじ  (270~330)
  • まぐろ (250〜360)
  • はまち (230~290)
  • 豚肉  (230)
  • 鶏肉  (150〜230)
  • 牛肉  (80)

(単位はmg/100gです。

ちなみに鰹節は470〜700となっています。

これを参考にして上のものを見てください。)

といったようなものです。

こういったようなものでもイノシン酸が含まれています。

こういったものを使えば鰹節で出汁を取らなくても料理にうま味を加えることができます。

まとめ

今回はイノシン酸について書いてみました。

うまみ成分はうまく使うことができれば格段に料理の腕が上がります。

ただ最近ではうま味調味料というものが出ており、

うまみを比較的簡単に出すことができます。

忙しい時にはそれを使うのも1つの手でしょう。

ただたまには食材からうまみ成分を出して料理を作ってみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告