きなこだけをそのまま食べると太る?砂糖入りなら危険かも!

皆さんは「きなこ」好きですか?

僕はきなこが大好きであべかわ餅なんかもきなこをいっぱいまぶして食べます。

皆さんの中にもそのような人がいるのではないでしょうか?

というか、きなこをそのままで食べるという人もいると思います。

そのまま食べてもおいしいきなこですが、気になるのは健康面です。

そのままきなこを食べるのは健康によくなさそうと思う人もいるかもしれません。

僕も気になったので今回はきなこをそのまま食べることによる体への影響について調べてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • きなこをそのまま食べるとどうなる?
  • 砂糖入りきなこをそのまま食べるのは危険?

となっています。

それでは発送開始!

広告



きなこをそのまま食べるとどうなる?

まずはきなこをそのまま食べるとどうなるのかについてです。

冒頭にも書いたようにきなこをそのまま食べる人って結構いますよね。

味はおいしいけど健康面が心配という人もいるかもしれません。

ただ結論から言うと全く問題はないです。

きなこというのは皆さんもご存じのとおり「大豆を炒って、皮を剥いて、挽いた」だけのものです。

言ってみれば大豆を食べているのと一緒といっても過言ではありません。

大豆をそのまま食べるときに健康面が心配になる人はいませんよね。

それと同じできなこをそのまま食べるのは全くと言ってよいうほど問題はありません

ただだからといって食べ過ぎは厳禁です。

いくら体に良いものであっても食べ過ぎるのは体に悪いですから。

特に砂糖が入っているきなこならなおさらです。

これに関しては後半で詳しく書いていきますね。

広告



このように食べ過ぎはダメでも普通に食べる分には何ら問題はないでしょう。

むしろきなこには様々な効能があります。

主なものを挙げてみると、

  • イソフラボンによる更年期障害の予防効果
  • タンパク質による疲労回復・コレステロール低下・集中力を高める効果

といったようなものがあります。

このほかにも葉酸・食物繊維・鉄分などが多く含まれています。

ただ今回は代表的な二つの効能を紹介していきますね。

イソフラボンによる更年期障害の予防効果

まずはイソフラボンによる効能です。

大豆といえばイソフラボンというほどに有名ですよね。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし更年期障害を予防してくれます。

それ以外にも、

  • がんの予防
  • 骨粗鬆症の予防
  • 生活習慣病の予防

といったような効能があるとされています。

またホルモンバランスを整えてくれる効果もあるので、PMS(月経前症候群)の緩和、生理不順の改善も期待できます。

このように特に女性にうれしい効能がイソフラボンにはあります。

タンパク質による疲労回復・コレステロール低下・集中力を高める効果

きなこにはタンパク質も多く含まれています。

タンパク質といっても食品によって質が違い大豆のたんぱく質は満点の100点です。

吸収率も95㌫以上となっています。

広告



砂糖入りきなこをそのまま食べるのは危険?

最後は砂糖入りのきなこについてです。

先ほどきなこはそのまま食べてもなんら問題はないと書きました。

ただ砂糖が入っていれば話は違ってきます。

砂糖の入ったきなこをそのまま食べるのは糖質の摂り過ぎになる恐れがあります。

少し砂糖を入れるぐらいなら大丈夫ですが砂糖が大量に入ったきなこをそのまま食べるのは危険といわざるを得ません。

そのまま食べると食べ過ぎてしまうことも多いですからね。

きなこと砂糖2対1の割合で混ぜるのが一般的な割合です。

大さじ1杯の砂糖の重さは10グラムでWHOで推奨されている1日の摂取量は25グラムです。

これをみると砂糖入りのきなこの食べ過ぎがいかに危険なのかがわかるでしょう。

きなこをたくさん食べたいという人は砂糖を入れない、もしくは砂糖を少なくするといったような工夫を凝らして糖質の摂り過ぎに注意しましょう。

糖質の摂り過ぎは生活習慣病の原因となりせっかくのきなこの効能も全くの無駄になりますからね。

まとめ

今回はきなこについていろいろと書いてみました。

きなこは食べ過ぎない限りは体に良い食品です。

むしろ積極的に口にするのが良いでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告