オゾンの臭いや色は?生成方法や分解についても!

オゾンというのはどのような物質なのか知っていますか?

オゾン層やオゾンホールといったような言葉を環境問題でよく聞きますよね。

なのでオゾンという言葉を聞いたことがないという人は少ないでしょう。

ただオゾンについて詳しいという人はほとんどいないでしょう。

なんてったってほとんどの人は日常で使いませんし身の回りにも存在しないので。

オゾンの臭いや色といったようなものも知らないでしょう。

そこで今回はオゾンについて詳しく書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • オゾンとは?
  • オゾンの臭いや色は?
  • オゾンの生成方法や分解について

となっています。

それでは発送開始!

広告



オゾンとは?

まずはオゾンについてです。

オゾンのことを聞くことは多くあってもそれがいったいどんなものなのかを知っている人は多くはいないでしょう。

そこでまずは軽くオゾンについて解説していきますね。

オゾンというのは↓

3つの酸素原子からなる酸素の同素体である。

分子式はO3で、折れ線型の構造を持つ。

腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒な気体である。

大気中にとても低い濃度で存在している。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%83%B3

こういったものです。

酸素とは同素体で構成される原子の数が違うだけで種類は同じです。

同素体といえば高校の科学で習いましたよね。

酸素は酸素原子2つですが、オゾンは酸素原子3つでできています。

そのため強い酸化作用があり、

  • 殺菌
  • ウイルスの不活化
  • 脱臭
  • 脱色
  • 有機物の除去

といったような用途で用いられます。

サルモネラ菌や鳥インフルエンザウイルスといったようなものにも効果があるようです。

また殺菌剤として食品添加物として使用されることもあります。

広告



オゾンの臭いや色は?

続いてはオゾンの臭いや色についてです。

酸素は無色の気体ですが(液体酸素は淡青色)、オゾンには色があります

また色は、

  • 気体の時は薄青色
  • 液体の時は紺色
  • 固体の時は濃紫色

といったように状態によって色が変わります。

また酸素は無臭ですがオゾンには臭いがあります。

オゾンはギリシア語で「臭い」を意味する ὄζειν (Ozein) に因み名前が付けられました。

それはオゾンは奇妙な臭いを発しているからです。

僕も嗅いだことがないのでわかりませんが、

ウィキペディアには「生臭く特徴的な刺激臭」といったように表記されていました。

どのような臭いなのか気になるところです。

ただオゾンには毒性があり、

  • 倦怠感
  • 神経過敏
  • 呼吸器系の異常
  • めまい
  • 呼吸困難
  • 麻痺(昏睡状態に陥ることも)

といったような症状が出ることもあり危険な気体です。

そのためオゾンの臭いを嗅げる機会はおそらく普通の人にはないでしょうね…

広告



オゾンの生成方法や分解について

最後はオゾンの生成方法や分解についてです。

オゾンは、

一般に空気中での紫外線照射、または酸素中での無声放電など高いエネルギーを持つ電子と酸素分子の衝突によって発生する。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%83%B3#%E6%AF%92%E6%80%A7

といったような状況で生成されます。

それを基にして、

一般に水銀灯による短い波長の紫外線照射や高電圧による低温放電によって生産される。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%83%B3#%E6%AF%92%E6%80%A7

といった方法で工業用に使うオゾンは生成されています。

またオゾン分解についてですがこちらはなかなか難解なので専門のサイトを参考にしてください。

僕ではしっかりと説明できる自信がないので…

まとめ

今回はオゾンについていろいろと書いてみました。

オゾンという物質を聞いたことがない人はいないんじゃないか?

というくらい知名度の高い物質ですが詳しく知っている人はほとんどいません。

なので思っていたものと違ったと思った人も多いのではないでしょうか?

その驚きを共有すべくぜひほかの人にも話してあげてくださいね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告