寒天粘土の作り方!手作り方法や特徴にカビの対策法も!

寒天粘土って知ってますか?

寒天粘土というのは名前の通り寒天で作られた粘土のことです。

粘土というと、

  • 紙粘土
  • 油粘土

といったようなものがポピュラーですが寒天粘土というものも存在します。

寒天粘土は知名度こそ低い粘土ですがほかの粘土よりも優れている面も多いです。

また子供にも扱いやすい粘土となっています。

さらに寒天粘土は買うだけではなく作ることもできます。

自分で作れば材料がどんなものなのかといったようなことがわかるので子供が使うときにさらに安心でしょう。

今回はそんな寒天粘土について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 寒天粘土の作り方は?
  • 寒天粘土の特徴は?
  • 寒天粘土のカビ対策は?
  • おすすめの寒天粘土は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



寒天粘土の作り方は?

まずは寒天粘土の作り方についてです。

寒天粘土は買うこともできますが自分で作ることもできます。

寒天粘土自体、安全なものが多いのでそこまで心配する必要はないのですが自分で作るのが一番安全ですよね。

材料や工程もわかりますから。

簡単に作ることができるので方法を紹介していきますね。

必要な材料は↓

  • 寒天

これだけです。

色を付けたい場合などには食紅などが必要ですが色を付けないのであれば寒天だけでも作ることができます。

準備するものは↓

です。

これらはどんな家にもあるでしょうからわざわざ買いに行く必要はないと思います。

続いては作り方についてですが普通の寒天と同じで、

  1. 鍋に寒天と水をいれる
  2. 加熱して寒天を溶かす
  3. 寒天が解ければ火を止める
  4. 寒天が冷えるのを待つ

これで完成です。

寒天粘土の固さは寒天を入れる量で決まるので好きな量を入れてください。

ちなみに普通の寒天の固さなら水100に対して寒天1くらいの割合です。

それよりも固くしたいのならそれよりも寒天を入れるとよいでしょう。

それ以上柔らかくすると粘土という感じにはならないので注意してください。

また寒天粘土は乾燥すると固くなるので柔らかくなりすぎたら乾燥させると固くなります。

逆に固くなりすぎると水につけてあげると再び柔らかくなります。

このように手入れの方法もとても簡単です。

広告



寒天粘土の特徴は?

続いては寒天粘土の特徴についてです。

寒天粘土には様々な特徴があります。

主なものを挙げてみると↓

  • 安全
  • アレルギーがない
  • 臭いがほとんどない
  • 触り心地が良い

といったようなものがあります。

それぞれ詳しく書いていきますね。

安全

まず一番の特徴は安全なことでしょう。

なんといっても使われているのが寒天だけですからね。

市販のものでは寒天だけではないものもあります。

ただそれでも食べることができます。

食べられるくらいに安全なら安心でしょう。

アレルギーがない

これも大きな特徴でしょう。

小麦粘土というのもありますが小麦粉にアレルギーがある場合には使えません。

それに対して寒天はアレルギーがないので誰でも使うことができます。

臭いがほとんどない

粘土といえば臭いがきついというイメージの人がいるかもしれません。

実際に紙粘土も油粘土も臭いがきついです。

ただ寒天粘土はほとんど無臭です。

そのため臭いが苦手な人でも何の問題もなく使えます。

触り心地が良い

寒天粘土は触り心地も特徴です。

他の粘土とは一風変わった触り心地になっています。

その触り心地というのが中毒性があるものでずっと触っていたくなるほどです。

子供には最高の遊び道具となるでしょう。

広告



寒天粘土のカビ対策は?

続いては寒天粘土のカビ対策です。

寒天は細菌やカビの培養にも使われるくらいですからとてもカビが生えやすいです。

そんな寒天からできている寒天粘土もカビが生えることがあります。

カビが生えるのも添加物が入っていないからこそです。

いわば安全の証拠とでも言いましょうか。

市販のもの寒天粘土はにがりを防かび剤として使っています。

にがりというのは豆腐を固めるのに使うもので健康に害はありません。

また苦みがあるので誤飲防止につながるというメリットもあります。

そのため手作りの場合にも少しにがりを入れておくのも良いでしょう。

ただ入れる量は少量にしておきましょう。

にがりも多量に口にすると健康被害が出ることがあるので。

そこまで過度に心配する必要はないのですが心配であれば市販のものを買うのが良いでしょう。

おすすめの寒天粘土は?

最後はおすすめの寒天粘土についてです。

おすすめなのは↓

この商品です。

素材は、

  • 寒天
  • セルロース
  • にがり
  • 無機塩
  • 食用色素

といったように口に入れられるものしか使われていません。

セルロースというと耳慣れないかもしれませんが地球上で一番多く存在する炭水化物でほとんどすべての植物に含まれているため普段食べている野菜にも入っているものです。

防腐剤・防カビ剤といったようなものは全く使われていません。

普通に売られているお菓子なんかよりも安全といっても過言ではないかもしれません。

まとめ

今回は寒天粘土について書いてみました。

あまり知名度が高い粘土ではありませんがとても良い粘土です。

特に安全というのは子供に使わせるのに当たってポイントでしょう。

作り方も簡単なのでぜひ作ってみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告