寒天は消化の良悪は?食べ過ぎは便秘や下痢の原因に!?

寒天の消化は良いのか悪いのかどっちなのでしょう。

寒天は消化に悪そうには思えない人も多いでしょう。

寒天というとなんとなく胃腸に優しそうな感じがするので。

ただ寒天の主原料となっているのは海藻です。

海藻は往々にして消化に悪いです。

また寒天は食物繊維が豊富に含まれているのでやはり消化が悪い要素の一つでしょう。

このように寒天には消化に悪い要素が多くあります。

ただなんとなく寒天が体に悪いとは思えない人もいると思います。

僕も何となくそう思います。

なにで寒天の消化について気になる人が多いのでしょう。

そこで今回は寒天の消化の良悪について調べてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 寒天の消化は悪い・良い?
  • 寒天を食べ過ぎるとどうなる?

となっています。

それでは発送開始!

広告



寒天の消化は悪い・良い?

まずは寒天は消化に悪いか否かです。

まずは結論から言いますが寒天は消化に悪いです。

というかもはや寒天は消化できません。

寒天の8割は食物繊維なのですが食物繊維は人の消化酵素では消化できませんから。

最近では寒天の食物繊維であるアガロースは胃酸によりいくらかは分解されアガロオリゴ糖となり吸収されるという研究もあるようです。

ただそうであったとしてもほんの微量なものなので消化されないといっても過言ではないでしょう。

ただ消化に悪いことが必ずしも悪いというわけではありません。

少し前までは栄養学でも食物繊維は「食べ物のカス」と呼ばれ役に立たないものとされていました。

ただ今では皆さんもご存じのとおり食物繊維は有用なものとされています。

それに伴い食物繊維が豊富な寒天も注目を浴びています。

特にダイエット効果はあるというのはよく知られていることでしょう。

これは寒天が消化に悪いことを応用しているのです。

寒天は消化に悪く、ほかの食べ物の消化まで阻害することもあります。

ただそれは消化されず身にならないため太らないということでもあるのです。

またその際に寒天の粘性により胃に滞在する時間が増え満腹感が持続するという効果もあります。

このように消化が悪いということは使いようによってはとても有用なのです。

またコレステロールや糖の消化も阻害するので、

  • 高血糖
  • 高コレステロール
  • 肥満
  • 高血圧

といったようなものの改善にも役立つといわれています。

広告



寒天を食べ過ぎるとどうなる?

続いては寒天を食べ過ぎるとどうなるのかについてです。

先ほども書いたように寒天は健康に良い影響を与えますが、食べ過ぎると話は違ってきます。

ただ寒天は食べ過ぎてもそこまで大きなデメリットはありません

実際に世界保健機関も、「とくに食べ過ぎて危険といえるような量はない」と示しています。

不溶性食物繊維なら食べ過ぎることによって便秘の悪化につながることがあります。

ただ寒天は水溶性食物繊維なので便秘の悪化とは関係がありません。

このように基本的に水溶性食物繊維は食べ過ぎてもデメリットがほとんどありません。

食べ過ぎて太ることもないですしね、消化されないので。

ただ、しいて言うなら食べ過ぎるとおなかが張ることがあります。

寒天はおなかで膨張するので食べ過ぎるとおなかがはってしまいます。

また寒天ばかり食べていると栄養が不足してしまいます。

確かに太らないのでダイエットには良いかもしれませんが寒天だけ食べるのは健康には悪いです。

寒天だけを食べて生活しようとするのはやめましょう。

あくまで寒天は補助的な立ち位置として考えておきましょう。

まとめ

今回は寒天の消化について書いてみました。

消化が悪いというと体に悪いと思っている人も多いですが必ずしもそうではないということがわかってもらえたと思います。

ただくれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

そんなものでも食べ過ぎは毒ですから。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告