梅干しは喉に良い・悪い?痛みやしみる原因や腫れに効くのかも!

ただ梅干しは体に良いということは多くの人が知っていることでしょう。

ただ梅干しが喉に良いのか悪いのかを知っている人はいますか?

梅干しを食べるとのどに痛みを感じたり、しみたりする人も多いです。

そういったことを考えると梅干しは喉に悪いのかな、

なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

ただ、梅干しののど飴というものがあるのでやはり喉に良い気も…

そこで今回は梅干しは喉に良いのか否かについて書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 梅干しは喉に良いか悪いか?
  • 梅干しによるのどの痛みやしみるの原因は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



梅干しは喉に良いか悪いか?

まずは梅干しは喉に良いか否かについてです。

梅干しののど飴があるくらいですから喉には良さそうですよね。

実際に梅干しは喉に良いです。

特に乾燥によりのどが痛いときに梅干しは効果的です。

なぜなら梅干しは唾液を多く出させる効果がありますから。

梅干しを食べると唾がいっぱい出ますよね。

あれで喉の乾燥を防ぐことができます。

また梅干しに含まれるクエン酸には殺菌作用があります。

そのため風邪の予防にも効果的です。

また極めつけは梅干しに含まれる梅リグナンによる抗酸化作用です。

お茶やタマネギ、リンゴにも含まれているもっともよく知られている植物性の抗酸化物質です。

これにより多くの生活習慣病の予防になります。

またこれにも抗菌作用があるので喉に菌が付くのを防いでくれます。

このように梅干しには喉に良いところがたくさんあります。

そのため梅干しは喉に良いというのは間違っていません。

ただ注意することもあります。

広告



それは梅干しは刺激物であることです。

梅干しは喉が痛くなることを防ぐとい観点では有効です。

ただ喉を傷めている状態ではむしろ逆効果を与える可能性があります。

刺激物は梅干し以外には、

  • 唐辛子
  • わさび
  • コーヒー
  • 炭酸飲料
  • アルコール

といったようなものがあります。

いかにも痛めた喉に悪そうなものですよね。

喉が痛いというのは喉が炎症を起こしている状態のことです。

炎症を起こしているところに刺激を与えるのが悪影響なのは言わずもがなでしょう。

そのためすでに喉が痛い場合には梅干しは控える方が良いでしょう。

喉が痛い時には梅干しではなく、

  • はちみつ
  • ネギ
  • しょうが
  • 大根

といったようなものがやはり有効です。

ただネギは刺激があるので過熱してから、

しょうがは少量を飲み物に混ぜる、

大根おろしは刺激が強いのでこちらも少量、

といったようなことには注意しましょう。

広告



梅干しによるのどの痛みやしみるの原因は?

続いては梅干しによるのどの痛みについてです。

梅干しを食べた時に喉が痛くなったりしみたりする人っていますよね。

あれの原因は梅干しの酸です。

酸がのどの粘膜に刺激を与えるので痛みを感じます。

これはほかの酸っぱい食べ物にも言えることです。

お酢やレモンも食べたり飲んだりすると喉が痛みますよね。

あれも酸がのどの粘膜を刺激しているからです。

なので基本的にそこまで体に害はありません

ただあまりに過剰に摂取してしまうとのどの粘膜がやられてしまう可能性があります。

またそれだけでなくほかの部分の粘膜もやられてしまい喉以外にも不調が出る可能性が…

どんなものでもそうですが適量を心がけましょう。

まとめ

今回は梅干しののどへの影響について書いてみました。

喉というのはとても繊細ものなので痛めてしまった時にはできるだけ刺激を与えないようにしましょう。

風邪をひいたときに体を温めるために辛いものを食べるというのも喉のことを考えれば控えた方が良いでしょう。

喉だけではなく胃腸などの負担も大きくなってしまいますしね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告