寒天の主成分は?固まる時間や温度に理由や濃度も!

皆さん、寒天は何からできているのか知っていますか?

寒天を口にする機械って結構多いですけど寒天が何でできていてどのように作られているのかといったようなことを知らない人も多いです。

今まで特に気にもならなかったという人も多いと思いますがよくよく考えてみると寒天って何でできているのか見当もつきませんよね。

どんなものが主成分でどのような効能があるのかといったようなこともあまり知られていません。

そこで今回は寒天についていろいろと書いてみました。

固まる温度や濃度といった実用的なことも書いていきますね。

  • 寒天の主成分は?
  • 寒天の原材料は?
  • 寒天が固まる温度や濃度は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



寒天の主成分は?

まずは寒天の主成分についてです。

寒天の主成分は、食物繊維です。

寒天のうち8割は食物繊維でできています。

これは全食品の中で一番高い割合です。

また食物繊維が8割なのでカロリーがほとんどないというのもうれしいところです。

寒天に含まれる食物繊維は食べたものが消化器官を通過して排出するまでの工程をスムーズにする効果があります。

そうなると腸内に食べ物がとどまる時間も短縮されます。

これは腸のトラブルのリスクを減らすことができます。

さらに食物繊維には水分を吸収する働きがあります。

それにより便が柔らかくなり便秘の解消につながります。

他にも、

  • 食後の血糖値の上昇を抑える働き
  • 血液中のコレステロール値を抑える効果

が認められています。

こういった効能を求めている人にはお勧めです。

また主成分は食物繊維なのですがほかの成分も見逃してはいけません。

寒天にはミネラルが豊富に含まれているのです。

特に、

  • カルシウム
  • 鉄分
  • リン

といったような現代の日本人に不足しがちなミネラルが含まれています。

食物繊維だけではなくミネラルも摂れるとなると有用な食品ですよね。

広告



寒天の原材料は?

続いては寒天の原材料についてです。

寒天って何でできているのか見当もつかないですよね。

寒天は、

  • テングサ
  • オゴノリ

といった海藻が原材料となっています。

これらの海藻の粘液質を凍結し乾燥すると寒天が出来上がります。

テングサは、紅藻類テングサ科 Gelidiaceae の海藻で心太、寒天の原料になるものの総称。

オゴノリは、紅藻の1種で、潮間帯付近の岩場に生育し、食用として刺身のつまなどに用いられるほか、テングサなどとともに寒天の原料とされる。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%83%8E%E3%83%AA

このようにテングサとオゴノリは同じ紅藻で近い種類にあります。

ただこの二つには違いがあります。

それはオゴノリはテングサに比べてゲル強度が低いことです。

簡単に言えばオゴノリはテングサに比べて固まりにくいということです。

そのためオゴノリは水酸化ナトリウム溶液でアルカリ処理してゲル強度を上げて使われます。

そのためオゴノリで作られた寒天は工業寒天といわれます。

それに対してテングサで作られた寒天を天然寒天といいます。

天然寒天と工業寒天には違いがあります。

それは工業寒天は天然寒天より、

  • 健康成分が少ない
  • 弾力性が低い

といったものです。

天然寒天は価格は高いですがこちらを選んだほうが良いのは確実です。

広告



寒天が固まる温度や濃度は?

最後は寒天の固まる温度や濃度についてです。

寒天は加熱することによって溶解し、それを冷やすと凝固するという性質を持っています。

また凝固してゲルになったものを過熱すると再び液体に戻る性質を持っています。

この性質を熱可逆性といいます。

ここで重要なのは寒天を溶解する温度とゲルを溶解する温度は違うということです。

まず寒天が溶解する温度は90度以上です。

それから冷やして凝固する温度が40~50度です。

ゼラチンは20度前後まで下がらないと凝固しないのに対して寒天はそれの2倍の温度でも凝固するので扱いやすいというメリットがあります。

ちなみに一度凝固したものが溶解する温度は70度です。

一度凝固したものでも溶解するのはこのような高温です。

常温ではまず解けません。

それに比べてゼラチンは凝固した後でも25℃以上になると溶解してしまいます。

すなわち夏場では常温下にあっても溶けてしまうということです。

続いては濃度です。

寒天はゲル強度が高いので1リットル当たり10グラムもあればしっかりと固めてくれます。

1~1.5%程度で最適の食感になるということを覚えておきましょう。

ちなみにゼラチンは2〜2.5%程度が目安となります。

まとめ

今回は寒天についていろいろと書いてみました。

天然寒天と工業寒天の違いなども紹介したので選ぶ時の参考にしてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告