戦車の燃料は何?防御力や防水性に弱点や弱いところも!

戦車のことを詳しく知っている人って少ないですよね。

戦車というと実物は見たことがないにしても映像で見る機会は結構多いですよね。

ただそれにしては戦車のことを知らない人多いですよね。

戦車に興味がある人でも意外と何も知らない人もいます。

まあ人によってはめちゃくちゃ知ってる人もいるんですけどね。

ただ戦車について全然知らないという人が多いことも事実です。

結構、基本的なことも知らないということもしばしば…

まあ別に知っても何の意味もないのですが、逆に知っていて損はないですし興味深い世界です。

そこで今回は戦車についていろいろと書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 戦車の燃料は?
  • 戦車の防御力や防水性は?
  • 戦車の弱点は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



戦車の燃料は?

まずは戦車の燃料についてです。

戦車ってどんな燃料を使われていると思いますか?

戦車の種類によって燃料も変わってくるのですが軽油を使うことが多いようです。

ディーゼルエンジンというやつですね。

戦車はディーゼルエンジンが多いです。

ディーゼルエンジンはどんな過酷な状況でもどんな粗悪な燃料でも走れるということで戦車で採用されているのでしょう。

戦時中は過酷な状況ですし燃料も粗悪なものになる可能性がありますしね。

戦時中となると燃料もなくなり、質も低下しますからね。

その点、

  • 軽油
  • 重油
  • 灯油
  • てんぷら油

といった様々な燃料で動かすことができるディーゼルエンジンは便利なのです。

まあ、軽油でない場合は性能が低くなってしまうというデメリットはありますが…

それでも動かないよりかはマシですからね。

ディーゼルエンジン以外にガスタービンも多く多く使われていましたがこちらも、

  • 灯油
  • 軽油
  • 重油
  • てんぷら油
  • ガソリン

といったように様々な燃料でも動かすことができました。

戦時中ではどんな粗悪な燃料でも動かすことができるということが重要視されたのでしょう。

広告



戦車の防御力や防水性は?

続いては戦車の防御力や防水性についてです。

まず防水性についてです。

戦車というと水にも強そうな気がしますが多くの戦車は完全防水ではありません。

浸水してしまうとさすがの戦車もダメになります。

吸気口、排気口、排気管といったものは特に水には弱いです。

そのためこれらは上の方に設置されており浸水しにくいようになっていますがこれよりも水深が深い場合には戦車は川を渡ることができません。

こういった場合には簡易的な橋を架けて川を渡るようです。

ただ水陸両用戦車というものもあることにはあります。

水陸両用車には、

  • 浮航方式
  • 潜水渡渉方式

の2種類があります。

後者は水底を走行するというものなので完全防水です。

ただとても危険なものだったのでほとんどの国は使用していませんでしたが、ドイツはよく使用していたようです。

このような例外はあれどほとんどの戦車は完全防水ではありません。

広告



戦車の弱点は?

最後は戦車の弱点についてです。

戦車というと無敵なイメージを持っている人がいるかもしれませんが実際には弱点が多くあります。

挙げてみると、

  • 敵歩兵
  • 飛行機
  • 対戦車地雷
  • 死角

といったものが弱点になります。

それぞれ詳しく書いていきますね。

敵歩兵

まずは敵歩兵です。

敵歩兵と戦車となると戦車の方が強そうに思いますよね。

ただ実際には戦車は歩兵に弱いです。

まず戦車は全面の装甲が上部に作られているので後方に回られると不利です。

ただ戦車より歩兵の方がフットワークが軽いので後ろを取られてしまうことが多いです。

また戦車はある程度距離がある相手には強いですが接近戦では本来の力を出せません。

そのため歩兵との接近戦には向かないのです。

さらに周りを見るためにハッチをあけているときに、歩兵に手榴弾を内部に投げ込まれるともちろんアウトですしね。

飛行機

続いては飛行機です。

戦車の装甲は、

  1. 側面
  2. 後方
  3. 上方

の順番で弱くなります。

そのため飛行機からの行われる上からの攻撃には弱いのです。

あくまで陸上の戦いのために作られているのです。

飛行機からの攻撃にとっては紙のような装甲といわれることもありますから…

対戦車地雷

続いては対戦車地雷です。

地雷によってキャタピラをつぶされてしまうと動くことができなくなってしまいますから。

そうなると動かない格好の的になってしまうのです。

また仮にキャタピラが地雷に耐えたとしても衝撃によって中の乗員がやられてしまいます。

死角

最後は四角です。

戦車窓を付けることがほとんどできないので死角がとにかく多いです。

そのためハッチをあけて周りを見る必要があるのですが、その時に先ほども書いたように歩兵に手榴弾を投げ入れられることがあるのです。

 

このように戦車は多くの弱点があります。

いろいろな支援があってこそ戦車は活躍できるのです。

まとめ

今回は戦車についていろいろと書いてみました。

あまり戦車を知らなかったという人でも少し興味が湧いたのではないでしょうか。

今回書いたのは本当に浅いところなのでもっと深く知りたいという人は→世界の戦車パーフェクトBOOK (COSMIC MOOK)←こういったものを読んでみるのも良いでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告