イルカの性格は優しいのか怖いのかどっち?かわいいけど残忍!?

皆さんはイルカがどんな性格なのか知っていますか?

イルカというとかわいいイメージを持っている人が多いでしょう。

そこから何となく優しくてほんわかとした性格なのではないかと思う人もいると思います。

その一方でイルカは本当は怖いという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

そういう人はイルカに怖いイメージを持っているかもしれません。

実際、イルカはどのような性格なのでしょうか?

気になったので今回はイルカの性格について書いてみました。

  • イルカの性格は?
  • イルカの驚くべき生態!

となっています。

それでは発送開始!

広告



イルカの性格は?

まずはイルカの性格についてです。

イルカの性格は人間と同じでそれぞれの個体によって違いがあります。

そのためイルカの性格は一概にあらわすことは難しいです。

優しい性格のイルカもいれば、怖い性格のイルカ、臆病なイルカなんかもいるでしょう。

またイルカの性格は猫の性格と似ているともいわれます。

そのほかの特徴といえばコミュニケーション能力が高いことが挙げられるでしょう。

ただ注意してほしいのはコミュニケーション能力が高いことと、

社交性が高いことを同じに考えてしてしまうことです。

イルカは音を使って会話のようなことができるというだけで社交的というわけではありません

実際にイルカの中には仲間内から外れてしまう個体もいます。

また外れてしまうといじめに遭うこともあるのだとか。

イルカは集団の時には性格が凶暴になりいじめに発展するともいわれています。

これは人間と同じですね。

人間も集団の中にいると凶暴になるので…

人間と同じような性質を持っているところからも知能の高さがうかがえますね。

まあこれに関しては人間のあまり良くないところですけどね…

広告



イルカの驚くべき生態!

続いてはイルカの驚くべき生態についてです。

先ほど書いた、

「イルカもいじめをする」

といったようにイルカには驚くべき生態があります。

それらをいくつか紹介していきますね。

今回紹介するのは、

  • イルカは左右の脳を交互に眠らせる
  • イルカはドラッグを使う
  • イルカは自殺をする

といったような驚きの生態についてです。

それぞれ詳しく書いていきますね。

イルカは左右の脳を交互に眠らせる

まずはイルカの睡眠についてです。

イルカは魚類ではなく哺乳類です。

そのため呼吸はエラではなく人間と同じく肺で行います。

そのためイルカは呼吸をするために水面に行く必要があります。

そのためイルカは24時間ずっと泳ぎ続けて呼吸をしています。

そのためイルカは不眠不休なのではないかと言われたこともありました。

ただ研究により、

イルカは右脳と左脳を交替で眠らせている

ということが判明しました。

しかもこれを数百回ほど1日で繰り返しているのだとか。

広告



イルカはドラッグを使う

こちらも驚きの生態ですよね。

イルカも人間と同じくドラッグを使うのです。

まあ人間は使ってはいけないのに勝手に使っている場合もありますが…

イルカがドラッグとして用いるのは、

フグの毒

です。

フグの毒というと猛毒ですがその毒を死なない程度に摂取して快感を得ているのだとか。

ちなみにその時の動画がこちら↓

この動画を見る限りにはフグと戯れているように見えますが実はドラッグをしているのです。

フグ毒のテトロドトキシンは少量なら心を穏やかにする鎮静作用を持ちます。

それをイルカは知ってフグをわざと刺激しているのです。

人間でいうところのダウナー系のドラッグですね…

  • ヘロイン
  • アルコール
  • 睡眠薬

なんかがそれに当てはまります。

イルカは自殺をする

極めつけの生態はこちらです。

人間以外に自殺をする生き物はいないとされていましたが、

どうやらイルカは自殺をするのではないかと最近になって言われるようになりました。

イルカは人間と違って意識的に呼吸をしているので、

自ら呼吸をしようとしなければそのまま死んでしまうのだとか。

いじめに遭ったイルカなどが自殺をするようです。

これも人間と似ていますね…

まとめ

今回はイルカの生態について書いてみました。

イルカの今までのイメージが覆った人もいるのではないでしょうか。

まあイルカがかわいいことには違いないんですけどね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告