あさりの目はどこ?体の構造や天敵に呼吸の方法も!

あさりの目ってどこにあるか知っていますか?

まじまじと見つめる機会もそうないですから、

あさりの目がどこにあるか知らない人も多いでしょう。

というかまじまじと見てもどこにあるかわからない気がします…

実際に見てみましたが全くわかりませんでした。

そもそもあさりには目があるのでしょうか。

気になったので今回はあさりの目はどこにあるのかについて調べてみました。

そのほかにもあさりの気になることについて調べていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • あさりの目はどこ?
  • あさりの構造はどうなっている?
  • あさりの天敵は?
  • あさりの呼吸の仕方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



あさりの目はどこ?

まずはあさりの目はどこにあるのかについてです。

どこにあるんだろうと調べてみたのですがどうやらあさりには目が無いようです。

というか基本的に二枚貝には顔も目も無いのだとか。

あさりに目のような二つのでっぱりがありますがあれは入水管と出水管という器官です。

あそこであさりは呼吸をしたり餌を取り込んだりします。

このような感じで他の二枚貝にも目がないことが多いのです。

ただ例外があります。

それがホタテガイです。

ホタテガイは二枚貝であるにもかかわらず目があります。

しかも2個ではありません…

なんと約80個、多いものでは100個も目があるのだとか。

貝ヒモの部分に黒い点が無数に見えると思いますが、

あれ全部がホタテの目のようです。

これを知るとホタテの貝ヒモを食べにくい…

広告



あさりの構造はどうなっている?

続いてはあさりの構造についてです。

あさりって食べる時に見たことがある人も多いと思いますが結構複雑な構造をしていますよね。

あれはどのようになっているのか気になったので調べてみました。

調べているととてもわかりやすい図があったので載せますね。

出典先:http://shellmuseum.jp/shell_db/tomodachi/karada.php

これは西宮市貝類館のホームページに乗っていた図を借りたものです。

あさりの体の構造はこのようになっています。

右側にあるのが先ほどもいった入水管と出水管ですね。

あさりを調理する前に一度この図と見比べて観察してみるのも面白いかもしれません。

お子さんと一緒にやれば勉強になりますし、

大人が一人でやっても子供の頃の実験を思い出して楽しめると思います。

また更に詳しく構造について知りたくなったという人はぜひ西宮市貝類館に行ってみてください。

平成29年3月にリニューアルされたようなので館内も綺麗だと思います。

アクセスを載せておきますね↓

阪神西宮JR西宮阪急西宮北口駅から阪神バスのマリナパ-ク行きに乗車しマリナパ-ク南下車すぐ(所要時間 約20分)

阪神高速神戸線 神戸方面より西宮出口から南へ10分

大阪方面より武庫川出口から43号線を西へ札場筋を南へ10分

阪神高速湾岸線 神戸方面より芦屋浜出口から測道沿い西宮浜へ3分

大阪方面より西宮浜出口から南へ3分

出典先:http://shellmuseum.jp/shell_db/index.html

広告



あさりの天敵は?

続いてはあさりの天敵についてです。

あさりにはにももちろん天敵がいます。

それがツメタガイです。

ツメタガイは、軟体動物門に属するタマガイ科の巻貝。

東アジアから南アジアの砂浜に多く普通に見られる。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%AC%E3%82%A4

この貝はあさりを食べてしまいます。

そのため大発生した場合には潮干狩りが中止になることもあるのだとか…

あさりの呼吸の仕方は?

最後はあさりの呼吸の仕方についてです。

あさりの構造の所で載せた図を見てもらってもわかるように、

あさりにはえらがあるので魚と同じようにえら呼吸をします。

入水管から水を取り入れ、さらにえらで酸素を取り入れます。

ただ潮が引いて水が取り入れられない時がありますよね。

その時には嫌気代謝という酸素を必要としない代謝を行ってしのぐようです。

まとめ

今回はあさりの雑学について書いてみました。

驚くようなものはありましたか?

あった人は是非友達にも話してあげてください!

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告