アコヤガイは食用?貝柱の味や調理法に販売場所はどこなのかも!

アコヤガイって貝の名前を聞いたことがありますか?

真珠を作る貝なので真珠が好きだという人は何度か聞いたことがあるでしょう。

そんなアコヤガイですが一応貝なので食べられるのではないかと気になったので、

今回はアコヤガイは食べられるのかどうかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • アコヤガイは食用?
  • アコヤガイの味は?
  • アコヤガイの調理法は?
  • 食用アコヤガイの販売場所は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



アコヤガイは食用?

まずはアコヤガイは食べられるのか否かについてです。

アコヤガイも貝なのでホタテなどの貝と同じように、

食べられるのではないかと調べてみたのですが、

やはり食べることが出来るようです。

実際に地元ではアコヤガイが食べられているのだとか。

アコヤガイの中でも貝柱だけは食べられるようです。

東日本ではほとんど流通しない西日本では結構流通しているのだとか。

また値段は安いようなので手に入りやすいです。

アコヤガイの味は?

続いてはアコヤガイの味についてです。

食べられるとなると次に気になるのは味ですよね。

アコヤガイはこりこりとした貝らしい食感が特徴で、

普通においしく食べることが出来るようです。

食感はミル貝に似ているのだとか。

ミル貝などの貝のコリコリとした食感が好きな人は美味しく食べられるでしょう。

ただ旨味に関しては他の食用の貝に比べると薄いようです。

それでも調理法によっては他の食用貝と遜色ないくらいに美味しく食べられるのだとか。

なので次は調理法について書いていきますね。

広告



アコヤガイの調理法は?

それではアコヤガイの調理法について書いていきます。

アコヤガイはすでに貝柱だけに分けられた状態で売られていることが多いので、

基本的に下処理はしなくても大丈夫です。

なので売られている状態でそのまま料理に使うことが出来ます。

料理の種類は、

  • 刺身
  • かき揚げ
  • 炊き込みご飯
  • 酢の物

とこんな感じです。

他にも貝料理ならどんなものでも美味しく食べられます。

ただ今回は代表的な料理である上に上げた4つについて書いていきますね。

刺身

まずは刺身です。

先ほど旨味が薄いので刺身は向いていないと書きましたが食感自体は刺身が一番おいしいです。

加熱してしまうと身が固くなってしまうので…

新鮮なアコヤガイであれば一回は刺身で食べてみましょう。

かき揚げ

続いてはかき揚げです。

これがアコヤガイを一番おいしく食べることが出来る料理だという人もいます。

実際に三つ葉などの香りが良いものと一緒にかき揚げを作るとおいしいです。

炊き込みご飯

つづいては炊き込みご飯です。

貝柱なのでバターで味付けするとおいしいです。

出汁と醤油とバターというシンプルな味付けでも十分においしく食べられます。

酢の物

最後は酢のものです。

酢の物にすることによって旨味が薄いのをカバーすることが出来ます。

広告



食用アコヤガイの販売場所は?

最後はアコヤガイの販売場所についてです。

先ほども来たように西日本に比べて東日本では流通している量が少ないです。

しかも僕は西日本に住んでいるのですが西日本でもアコヤガイを見かけたことがありません

市場などに行けば見つかるかもしれませんがスーパーなどでは基本置かれていないでしょう。

通販なら購入できることにはできるのですが、

そもそも流通の絶対量が少ないので通販であっても旬の時期にしか出回りません

ちなみに出回るのは12月と1月の2か月間です。

なのでアコヤガイをどうしても食べてみたいという人は12月と1月に通販でチェックしてみてください。

もしかすると買えるかもしれませんよ。

まとめ

今回はアコヤガイは食べられるのかについて買いてみました。

本文にも書いたようにアコヤガイは食べられるのですが、

流通量がとても少なく売られている時期が限られているので、

違った意味で食べることは難しいかもしれませんね…

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告