青かびを食べたらどうなる?害や毒性にパンやもちの青かびの対策法も!

青かびを食べるとどうなるか知っていますか?

ブルーチーズに生えているので食べても大丈夫な気がしますよね。

でも餅やみかんに生えている青かびとなると食べるのが憚られますよね。

実際のところ青かびは食べても良いものなのでしょうか

気になったので今回は青かびは食べても大丈夫なのかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 青かびとは?
  • 青かびに害や毒性はあるのか?
  • 餅やみかんに生えている青かびを食べても大丈夫なのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



青かびとは?

まずは青かびとは何なのかについて書いていきますね。

青かびはウィキペディアに、

アオカビはアオカビ属に属するカビの総称で、もっとも普遍的に見られる不完全菌の一つである。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%93

と説明があります。

ここに書いてあるように青かびというのは、

カビの種類ではなく青かび属に属するカビの総称のことです。

青かびは最も多く見られるカビの1つで常に空中に胞子が飛散しています。

青かびが生えやすいのは食品で特に餅やみかんに良く生えます。

青かびはコロニーを形成しますが、コロニーは青みがかった色になります。

そこから「青かび」という呼称が出来たのでしょう。

ちなみに似ているカビはコウジカビです。

コウジカビのコロニーも青がかっているので肉眼では見分けることが難しいです。

またほかにも青がかったコロニーをつくるカビは多いです。

そのため青色だからといって青かびだと判断するのは早計です。

カビは無数に種類があるので基本的に見分けは付かないものだと思っておいた方が良いでしょう。

広告



青かびに害や毒性はあるのか?

続いては青かびに害や毒性があるのかについてです。

カビは種類によってはカビ毒を持っていることがあります。

そのため人間に害を及ぼすことも多いです。

ただ青かびはカビ毒を作らないものが多いです。

そのため健康な人間には害を及ぼさないことが多いです。

ただ先ほども来たように青かびは青かび属の総称であって、

特定の種類ではないので青かびの中にもカビ毒を作り出すものはあります。

米を変色させる青かび、

  • ペニシリウム・シトリナム
  • ペニシリウム・イスランジカム

これらはカビ毒を作り出す種類なので人体にも害があります。

また青かびが植物に寄生することによっておこる、

「青かび病」というものもあり植物に悪影響を及ぼす種類もあります。

ブルーチーズのカビである「Penicillium roqueforti」のように、

有益な青かびがあるとともに有害なものもあるということです。

専門家でない限りそれらを区別することは難しいので、

チーズなどに生えている食べられるもの以外は、

基本的に毒性があるものとしておいた方が良いかもしれませんね。

広告



餅やみかんに生えている青かびを食べても大丈夫なのか?

最後は餅やみかんに生えている青かびを食べても大丈夫なのかについてです。

餅やみかんに良く生えるカビが青かびなのですが、

カビが生えてしまったものを食べても良いものか、

と気になる人は結構いることでしょう。

餅やみかんに生えている青かびは確かに無害なものが多いです。

そのため生えているものが青かびだけであればそこまで問題はないでしょう。

ただ生えているのは青かびだけではありません

他のカビも一緒に生えてしまっているのです。

他のカビの中にはもちろん有害なものもあるでしょうから、それを食べるというのは大変危険です。

絶対にやめましょう。

カビ毒を摂取することによって、

  • 肝障害
  • 腎障害
  • 消化器系障害
  • 発がん

といったような弊害が出てきます。

このようなリスクを冒してまでカビを生えたものを食べるべきではないです。

生えてしまった食品には手を付けないようにしましょう。

まとめ

今回は青かびを食べたらどうなるかについて書いてみました。

青かびは毒性がないカビですがほとんどのカビには毒性があります。

しかもそのどれもが怖いものばかりです。

基本的にカビは口に入れないようにしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告