青かびの掃除方法は?除去法や原因に熱湯を使った落とし方も!

青かびって厄介ですよね。

色々と予防策をとっても結局生えてきますから。

時期によってはほぼ毎日掃除をしなければならないということもあるでしょう。

そうなると効率的な掃除方法を知っておきたいものですよね。

そこで今回は青かびの効率の良い対策の仕方について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 青かびの掃除方法は?
  • 青かびは熱湯で対処できるのか?
  • 青かびの原因と対策は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



青かびの掃除方法は?

まずは青かびの掃除方法についてです。

青かびが良く生えるのは食品なのですが、

食品を掃除するということはしないですよね。

掃除しそうなところに生える青かびというとに生えているものです。

というかそれ以外の所に生えているカビは青かびでない可能性が高いです。

なのでそういった場合には普通に↓

こういった漂白剤などにつけてある程度放置してからメラミンスポンジなどでこすると綺麗になります。

これは比較的簡単です。

ただ畳のカビ掃除ってどうやるか知らない人が多いでしょう。

また間違った方法でしてしまうと畳をダメにしてしまう可能性が高くなります。

ただやり方自体は難しくないので説明していきますね。

用意するものは↓

  • マスク
  • ブラシ
  • エタノール
  • 重曹

です。

まず掃除の際にはマスクを着用しましょう。

胞子などを吸ってしまうと健康に良くないので。

マスクを付けたらカビが生えている部分にエタノールをかけて除菌をしましょう。

エタノールは無水エタノールではなく、

こういった水も含んでいるものにしましょう。

それでないと除菌することが出来ません!

また畳のカビ掃除ではカビキラーなどの漂白剤は使ってはいけないので注意してくださいね。

そしてエタノールで除菌した後はブラシでこすってカビを落としましょう

ここで使うブラシは歯ブラシでも良いのですがそれでは時間がかかってしまうので、

こういった大きいブラシを使った方が時短になります。

ここまでやって綺麗になったのであればここで掃除は終了です。

ただまだこれでも黒ずみがある場合は重曹を使って色を落としましょう

これは重曹をかけてその上からエタノールをかけてこするだけです。

これであらかた汚れは取れるでしょう。

また重曹は部屋の隅に置くことで除湿と防臭にも役に立ちます。

広告



青かびは熱湯で対処できるのか?

つづいては青かびは熱湯で対処できるのかについてです。

カビは青かびに限らず熱に弱いです。

通常のカビであれば40度の熱でも死滅させることが出来ます。

そのため風呂を出る前に風呂全体に熱めのお湯をかけることによってカビが生えるのを防ぐことも出来ます。

これは青かびも例外ではなく効果はてきめんです。

ただこの方法は畳のカビ掃除には向いていません。

というかやってはいけません。

これをしてしまうと畳が傷んでしまいます

寿命はもちろん縮みますし変色の可能性があります。

また熱湯をかけることによって畳が湿気を帯びてしまうので、

逆にカビが生えやすい状態を作ってしまい本末転倒です。

すぐに乾かせば問題ないですが畳を乾かすのは結構大変です。

なので畳の場合には熱湯でのカビ掃除は止めておきましょう。

また臭いを消すために畳に熱湯をかけるというようなことも同じような理由でやってはいけません。

臭い消しは先ほども紹介したように重曹が効果的なので重曹を使いましょう。

広告



青かびの原因と対策は?

最後は青かびの原因と対策についてです。

青かびの原因は多くありますが主な原因は、

  • カビが好む温度
  • カビが好む空気
  • 高い湿度
  • 栄養が多い

といったものでしょう。

このうち温度と空気はどうしようもない要素です。

なのでこの2つは無視しても大丈夫です。

ただ湿度と栄養については対処可能な要素です。

ちなみに栄養というのはカビの栄養になってしまうような汚れのことです。

そのため青かびの対策には、

  • 除湿器や乾燥機で湿度を下げる
  • こまめな掃除で栄養をなくす

というものが効果的です。

これらのことを頭に入れて生活していればカビを減らすことが出来るでしょう。

まとめ

今回は青かび対策について書いてみました。

カビは厄介なものでなくすことはなかなかできませんが、

最小限に抑えることと対処することは出来ます。

正しい予防法と対処法を駆使してカビを抑え込みましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告