バイトを辞める時に置手紙はあり?正しいバイトの辞め方を紹介!

バイトの辞め方に迷っている人はいませんか?

たかがバイト、されどバイト、

バイトでも辞める時は緊張しますよね。

またバイトであってもしっかりと辞めるべきです。

お世話になった方々に感謝の気持ちも伝えたいでしょうしね。

辞め方はいろいろとあります。

その中で置手紙で辞めようと思う人もいるかもしれません。

そこで今回は置手紙でバイトを止めても良いのかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 置手紙でバイトを止めでも良いか?
  • 正しいバイトの辞め方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



置手紙でバイトを止めでも良いか?

まずは置手紙でバイトを辞めても良いかについてです。

バイトを辞める方法はいろいろとあるので、

どうやって辞めようかと迷って、

置手紙にしようかなと思っている人もいるかもしれません。

ただバイトを置手紙を辞めるのはやめておいた方が良いです。

今までお世話になった人に対して文面で辞める旨を伝えるのは失礼です。

バイトはお金をもらってやっているものなのでなおさらです。

お金をもらってやっていない部活でも辞める時に置手紙はダメなのに、

お金をもらっているバイトなら当たり前にダメです。

どんなに気まずくても置手紙はやめておきましょう。

飛ぶ鳥跡を濁さず。

気持ちよく辞めるためにも正しいやり方でバイトを辞めましょう。

その方が雇っている側もあなた自身も気分が良いです。

置手紙で辞められては店長や上司の人も困惑しますし、

少なくとも良い気分はしないでしょうからね。

広告



正しいバイトの辞め方は?

続いては正しいバイトの辞め方についてです。

まず、一番大切なのは辞めることをできるだけ早く知らせることです。

出来れば1か月前くらいには止める旨を伝えて起きましょう。

また少なくとも1週間前には伝えておくべきです。

当日に伝えてしまうとシフトなどの関係で残された人に迷惑が掛かってしまいます。

そうなると気持ちよくバイトを辞めることが出来ないでしょうから出来るだけ早めに伝えておきましょう。

また辞める方法についてですがやはり一番良いのは実際に会って辞める旨を伝える方法です。

実際に面と向かって話をするのが筋でしょう。

これなら店長や上司も納得して辞めさせてくれると思いますよ。

また実際に会って話した方がスムーズに理由などを話せるのでわだかまりが出来てしまう可能性も低いです。

こういった理由でやはり一番は実際に会って話す方法です。

次点として電話でしょうか。

どうしても時間を作ることが出来ない場合にはこの方法を使うしかないですからね。

これでも声を聞いて話をすることが出来るのでギリギリでセーフです。

ただメールは辞めておいた方が良いでしょうね。

理由は置手紙と同じです。

どうしても会うことも電話することも出来なければ仕方ないですがそれ以外ならやらない方が良いです。

また辞める理由についてですが本当の理由を言った方が良いです。

下手にうそをつくと話が長引いたりします。

また不満などが理由で辞める場合はしっかりと話せば改善されて辞めなくても良くなることもあるので。

少し言いにくいような理由であっても思い切って行ってしまうのも良いでしょう。

たださすがにこれは言ってはいけないだろうという理由は例外ですけどね。

相手を傷つけるような理由や、

どう考えても改善の余地がなく言うと失礼な場合などには、

臨機応変な対応が必要でしょう。

まとめ

今回はバイトの辞め方について書いてみました。

バイトの辞め方は大切です。

しっかりと辞めないと残された人の迷惑になることが多いので。

自分の評価が下がるだけでは済まないので注意が必要です。

自分自身も気持ちよく辞めたいでしょうしね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告