生クリームが腹痛や下痢の原因に!?原材料についても!

 

生クリームっておいしいですよね。

いくらでも食べれてしまうのでついつい食べ過ぎてしまうという人も多いと思います。

僕も気を付けないと食べ過ぎてしまうことがあります。

ただ生クリームって食べ過ぎたりするとおなかの調子が悪くなることありますよね。

あれの原因知ってますか?

知ってる人ってあまりいないですよね。

原因がわかれば対策などもわかるのでできれば知っておきたいですよね。

そこで今回は生クリームによる不調の原因について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 生クリームによる腹痛の原因や対策法は?
  • 生クリームによる下痢の原因や対策法は?
  • 生クリームの原材料は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



生クリームによる腹痛の原因や対策法は?

まずは生クリームによる腹痛についてです。

生クリームを食べるたびに腹痛になっていては大変ですよね。

原因と対策法についてそれぞれ書いていきますね。

生クリームによる腹痛の原因は?

まずは原因についてですが考えられる原因はいくつかあります。

それは、

  • アレルギー
  • 乳糖不耐症
  • 脂肪の摂り過ぎ

といったようなものです。

それぞれ詳しく書いていきますね。

アレルギー

まずはアレルギーです。

乳製品にアレルギーを持っている場合、生クリームももちろん乳製品ですから腹痛になることがあります。

牛乳などでも腹痛になるといった人はアレルギーを疑いましょう。

病院に行けばすぐに検査できるので病院に行ってみることをお勧めします。

もしもアレルギーであればアナフィラキシーにより危険な状態に陥ることもありますから。

乳糖不耐症

続いては乳糖不耐症です。

乳糖不耐症というのは↓

消化器系統で乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のことである。

多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。

参考先:https://ja.wikipedia.org/wiki/乳糖不耐症#乳製品アレルギーとの違い

といったものです。

症状は乳製品アレルギーと似ていますが、アレルギーとは違います。

アレルギーは乳製品自体に過剰反応して起こります。

ただ乳糖不耐症は、

  • 腸管内の浸透圧の異常上昇
  • 発生した気体の振る舞い
  • 腸管内のpHの変化などの関係

といったような物理的な問題が起きているだけです。

ちなみにこの問題の原因が乳糖です。

そのため生乳の乳糖を分解したものであれば乳糖不耐症の場合は症状が出ません

脂肪の摂り過ぎ

最後は脂肪の摂り過ぎです。

乳製品に関係なく脂肪を摂り過ぎると腹痛になることがあります。

広告



生クリームによる腹痛の対策法は?

続いては生クリームによる腹痛の対策法についてです。

原因がいくつかあるので一概に対策法を示すことができません。

そのため、

  • アレルギーや乳糖不耐症が原因の場合
  • 脂肪の摂り過ぎが原因の場合

といったように分けて説明しますね。

アレルギーや乳糖不耐症が原因の場合

これらに場合は乳製品である生クリーム、乳糖を含む生クリームに問題があります。

そのため、

こういった大豆で作られた生クリームなら問題ありません。

乳製品も乳糖も含まれていないので。

脂肪の摂り過ぎが原因の場合

この場合は生クリームの脂肪の摂り過ぎが原因です。

先ほど紹介した↓

↑この商品も脂肪が抑えられているのでお勧めです。

ただ乳製品が駄目なわけではないので、

こういった脂肪が抑えられているものでも対策することができます。

これなら乳製品が使われていないというわけではないので、乳製品特有の濃厚さがあります。

豆乳クリームではすこし物足りないなという人はこちらを選んでも脂肪の摂りすぎが原因なのであれば問題ないです。

広告



生クリームによる下痢の原因や対策法は?

続いては生クリームによる下痢の原因や対策についてです。

生クリームを食べると腹痛だけではなく下痢のなります。

原因や対策は腹痛とほとんど同じです。

原因は、

  • アレルギー
  • 乳糖不耐症
  • 脂肪の摂り過ぎ

である可能性が高いです。

また、それらに対する対策も先ほど書いたものと同じです。

生クリームの原材料は?

最後は生クリームの原材料についてです。

生クリームの原材料は本来、乳脂肪のみです。

生クリームというのは、

生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分が18.0%以上にしたもの

というように厚生労働省で定義されているので。

ただホイップクリームなんかは、

  • 植物油脂
  • 乳化剤
  • 安定剤

といったような添加物がそれに加えられています。

まとめ

今回は生クリームによる不調について書いてみました。

生クリームを食べるために不調が出るという人は対策を書いたのでぜひ試してみてください。

また、食べ過ぎが原因ということも考えられるので自覚がある人は食べ過ぎるのを控えましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告