水あめの使い道や食べ方は?賞味期限や練り方も!

水あめって何に使えば良いか知っていますか?

水あめってなかなか使う機会がないので、どのように使えば良いのかわからないですよね。

そもそも自分で水あめを買おうと思うことも少ないでしょうから。

そのため、もらったとしてもどうすればよいのか戸惑う人もいると思います。

そのまま食べるにしても練り方などを知っておく必要があります。

練り方なんかもほとんどの人は知らないと思います。

そこで今回はそんな人のために水あめについていろいろ書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 水あめの賞味期限は?
  • 水あめの練り方は?
  • 水あめの使い方は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



水あめの賞味期限は?

まずは水あめの賞味期限についてです。

砂糖などは腐らないので賞味期限が書かれていません。

そのため水あめにも賞味期限が書かれていないと思っている人も多いかもしれません。

ただ、水あめには賞味期限が書かれています。

かといってすぐに腐るというわけではありません。

水あめも糖分濃度はとても高いので簡単に雑菌が増殖できるような環境ではありません。

また、水あめは液体のように見えて水分はほとんど含まれていないためやはり雑菌は繁殖しにくいです。

そのため何年も持つこともあります。

ただこれは保存の仕方にもよります。

未開封のままであればもちろん長く持ちますし、開封後でも清潔に扱ってさえいれば簡単に腐ることはありません。

ただ湿気が高い場所などで保存した場合には腐る可能性も十分に考えられます。

また腐らなかったとしてもカビが生えてしまう可能性もあります。

そのため砂糖のようにいつまでも持つといったようには考えない方が良いでしょう。

また一応賞味期限があるので安全が保障されているのはあくまでその期間内です。

賞味期限が切れた後は自己責任であるということを忘れないようにしましょう。

広告



水あめの練り方は?

続いては水あめの練り方についてです。

練り方の前に簡単に水あめを練る理由について書いておきますね。

水あめを練る理由はいくつかあります。

それが、

  • 空気を混ぜて口当たりをよくするため
  • 空気を混ぜることによって食べやすくするため

といったようなものです。

水あめは練ると空気が混ざります。

卵でいう「メレンゲ」のようにしたいのです。

卵をメレンゲにすると口当たりが軽くなり、固まるので食べやすくなりますよね。

それと同じことを水あめでもするのです。

ただ一番の目的は「練るのを楽しむため」かもしれません。

一度練ってみればわかるのですが水あめを練るのはとても楽しいですから。

興味がある人はぜひやってみて下さい、きっとはまるでしょう。

空気を混ぜ込むことが目的なのでそこまでコツは必要ありません。

ただ割りばしでひたすら混ぜるだけです。

練り具合を判断するのは色です。

水あめの色が白っぽくなって来たら完成です。

これもメレンゲと同じですね。

水あめを練る理由と練り具合の判断はメレンゲと同じと思っておけば問題ないでしょう。

広告



水あめの使い方は?

最後は水あめの使い方についてです。

水あめは甘味料の代わりなので砂糖の代わりとしても使えます。

水あめは砂糖よりもGI値が低いといったようなメリットもあります。

マクロビオティックでは砂糖よりも水あめを使うことを推奨しているようです。

ただ水あめは砂糖よりも甘みが少ないので砂糖よりも量を多く使う必要があります。

そのため量を多く使ってしまうと結局同じになってしまうかもしれません。

しかしながら水あめはもともと液体なので使いやすいというメリットがあります。

そのためお菓子作りなどでは砂糖ではなく水あめが使われることも多いです。

例えば大学芋なんかも水あめが使われることがあります。

ただお菓子だけに限らず、「豚の角煮」なんかにも水あめが使えます。

まとめ

今回は水あめについて書いてみました。

水あめって今ではあまり使わないのであまり情報がなかったので書いてみました。

水あめの扱いに困っている人の助けになれたら幸いです。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告