ウインナーの糖質や塩分は?糖質制限ダイエットに向いているのか否か

ウインナー、ハムといったような肉の加工食品っておいしいですよね。

とてもおいしいので食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。

ただそれらは塩分が高いです…

そのため健康を気にするのであれば過度の摂取はNGです。

このようにそれらが塩分が高いというのはその味からもなんとなくわかるでしょう。

ただ糖質に関しては見当もつかないですよね。

そこで今回はウインナーの糖質とともに、

塩分についてもさらに詳しく書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ウインナーの塩分は?
  • ウインナーの糖質は?
  • ウインナーは糖質制限に向くのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



ウインナーの塩分は?

まずはウインナーの塩分についてです。

ウインナーは言わずもがなですが塩分が高いです。

そもそも加工肉というのは塩分の高さで保存が効くようにしているものなので…

ウインナーには1本(15グラム)で0.3グラムの塩分が含まれています。

厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値は、

男性が8グラム、女性なら7グラムとなっています。

ここからもウインナーの塩分の高さがうかがえるでしょう。

なので高血圧で塩分を制限している人におすすめできる食品ではないことは確かです。

そうはいってもウインナーを食べたいという人もいるでしょう。

そんな人はウインナーを減塩処理しましょう。

ウインナーは、

  1. ウインナーを4等分にする
  2. 水の入った鍋にウインナーを入れて沸騰させる
  3. 火を止めて10分待つ
  4. ①~③をもう一度繰り返す

といったことを行えば減塩することができます。

これで4割ほどカットできます。

やり方はとても簡単なのでぜひ試してみてください。

ただ当たり前ですが塩分がなくなったわけではないので、

くれぐれも食べすぎには注意してくださいね。

広告



ウインナーの糖質は?

続いてはウインナーの糖質についてです。

ウインナーの糖質は低いです。

1本(15グラム)あたりで0.5グラムほどしかありません。

糖質制限ダイエットを行う際には一食40グラム以下を目指すのでいかに低いかがうかがえるでしょう。

このように糖質だけを考えるとウインナーは優秀な食品といえるでしょう。

どれだけ食べても糖質が多すぎる、というようにはなりませんから。

ただ先ほども書きましたが塩分は高いので食べ過ぎには注意です。

ちなみにフランクフルトはウインナーよりも糖質が2倍多いようです。

2倍といっても元が少ないのでそこまで気を付ける必要はないです。

それにしても同じような食品でも違うものなんですね。

考えてみればフランクフルトの方が甘かったような気もします。

広告



ウインナーは糖質制限に向くのか?

最後はウインナーは糖質制限ダイエットに向くか否かについてです。

先ほども書いたようにウインナーの糖質は低いです。

そのため糖質だけを考えるのであれば合格です。

また他にも、

  • タンパク質が多いため代謝がよくなる
  • ビタミンB1が糖質の代謝をよくする
  • 満腹感が出る

といったようなダイエット効果がウインナーにはあります。

そのためカロリーが高く敬遠しがちなウインナーもうまく食べれば痩せることもできます。

ただ注意点もあります。

それはケチャップやマヨネーズをつけすぎないことです。

これらを付けすぎてしまうと本末転倒です。

いっそ付けないくらいがよいでしょう。

また先ほども書いたように塩分は高いのでそこにも注意しておきましょう。

まとめ

今回はウインナーの塩分や糖質について書いてみました。

日本人は塩分をとりすぎる傾向があります。

塩分を摂り過ぎると体に悪影響しかありません。

ダイエットではカロリーや糖質などに目が行きがちですが、

塩分にもしっかりと目を向けるようにしましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告