グラニュー糖の賞味期限(日持ち)は?保存容器についても!

砂糖って賞味期限が書かれていないですよね。

そのため賞味期限がないといったように言われることがあります。

またグラニュー糖も賞味期限が書かれていないことが多いので同じように賞味期限がないのでしょうか。

またもしも賞味期限がなかったとして保存方法も適当でも良いのでしょうか。

あまり情報がないので困っている人も多いのではないかと思います。

そこで今回はグラニュー糖の賞味期限や保存方法について書いてみました。

  • グラニュー糖の賞味期限は?
  • グラニュー糖のの保存方法は?
  • おすすめの保存容器は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



グラニュー糖の賞味期限は?

まずはグラニュー糖の賞味期限についてです。

砂糖って賞味期限が書かれていないことありますよね。

グラニュー糖も砂糖ですからもちろん書かれていないことがあります。

賞味期限が書かれていないというのは賞味期限がないということなんでしょうか。

極論、何十年前のものでも食べられるのでしょうか。

気になったので調べてみるとやはり何十年も持つようです。

古い砂糖になると白かったのが茶色になっていたりすることもあります。

ただそれでも問題はありません。

あれはサトウキビ由来のアミノ酸が長期間の保存により反応し変色しているだけなので。

もはや半永久的に保存可能といっても過言ではないでしょう。

ただこれには条件があります。

それは正しい保存の仕方を守ったかです。

これに関しては後半で詳しく書いていきますね。

またもう一つ言っておくとすべての砂糖に賞味期限がないわけではないです。

黒糖のような純度が低い砂糖の場合には賞味期限が設定されています。

これは注意しておきましょう。

広告



砂糖に賞味期限がない理由は?

これ気になりますよね。

基本的には賞味期限の表示は義務付けられていますから。

なぜ砂糖は賞味期限を表記しなくても良いかというと、

長期間の保存でも正しい保存法ならほとんど変質しない

ということで食品衛生法やJAS法で賞味期限の表示を免除されているからです

これは、

  • 砂糖が安定している物質で変質しにくい
  • 砂糖には水分が含まれていない

というところに理由があります。

微生物は水分がないと増殖することはできません。

そのため水分がないところでは微生物が増殖しない(腐らない)のです。

その証拠に砂糖水は腐ります

そのため砂糖も湿気には弱いです。

湿度が高いところでの保存では腐ることもありますからね。

ただ砂糖には脱水作用も備わっているので滅多なことでは腐りません。

グラニュー糖のの保存方法は?

続いては保存方法についてです。

いくら賞味期限がないグラニュー糖でも正しい保存法を守る必要があります。

ただそもそも保存性が高いグラニュー糖なので、

  • 常温
  • 冷暗所

ということさえ守れば問題はありません。

また冷蔵庫でも出し入れが少ないのであれば可能です。

ただ出し入れが多いと結露が生じてしまうので水分に弱い砂糖には良くありません。

出し入れが多いのであれば常温で保存しましょう。

別に冷蔵庫で保存する必要もありませんからね。

これは冷凍庫でも同じことが言えます。

このように保存場所も方法もそこまで気にする必要はありません。

ただ保存容器は重要です。

保存容器によってグラニュー糖が固まるのを防ぐこともできますからね。

次の段落でおすすめの保存容器を紹介していきますね。

広告



おすすめの保存容器は?

最後はおすすめの保存容器についてです。

先ほども書きましたが保存容器は重要です。

保存容器によってグラニュー糖が固まるか否かが決まりますからね。

固まらなかったら便利ですよね。

まずおすすめなのは、

この商品です。

この商品は気孔が多い陶器で作られているため湿度を逃がしてくれます。

そのため砂糖が固まりにくくなります。

また固まってもスプーンで軽くほぐせるほどにしか固まらないようです。

また砂糖用だけでなく塩用もついているのが便利ですね。

続いては↓

この商品です。

こちらも先ほどと同じく砂糖が固まりにくいです。

これは陶器なだけでなく密封容器でもあるのでさらに固まりにくいです。

ただ開けにくいというデメリットもあります。

  • 開けやすいのが良いのなら前者
  • 絶対に固まらせたくないのなら後者

を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

今回がグラニュー糖の賞味期限や保存法について書いてみました。

砂糖が固まると使うときに出しにくいので困りますよね。

保存容器を変えればそれを改善できるので困っている人はぜひ!

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告