グラニュー糖は体(健康)に悪い・良い?危険性に害や漂白の有無も!

皆さんはグラニュー糖にどのようなイメージを持っていますか?

最近では、

  • きび砂糖
  • 黒糖

といったような完全に精製しきっていない茶色い砂糖が健康に良いといったようにメディアなどでいわれています。

そのため真っ白なグラニュー糖は体に悪いというイメージを持っている人も多いかもしれません。

というかむしろ危険な物質だと思っている人もいるかもしれません。

今回はグラニュー糖は本当に体に悪いのかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • グラニュー糖は体に悪い・良い?
  • グラニュー糖は漂白されている?
  • グラニュー糖は太るのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



グラニュー糖は体に悪い・良い?

まずはグラニュー糖は体に悪いか否かです。

グラニュー糖って体に悪いイメージを持っている人が多いと思います。

結論から言いますが実際に体の悪いです。

ただこれはグラニュー糖は体に悪くてほかの砂糖は体に悪いということではありません。

体に悪くない砂糖はありません。

すべての砂糖が大なり小なり体には悪いです。

ブラウンシュガーは健康に良いといったようなことが言われますがそれは白砂糖に比べての話です。

体に悪いことには変わりはありません。

そのため体に悪くない砂糖を摂りたくないという人は、砂糖を摂らないということになります。

そのためグラニュー糖だからといってほかの砂糖よりも特別に警戒する必要もありません健康に良いといわれている砂糖であっても安心してはいけません。

結局はどんな砂糖を摂るかよりも、重要なのはどれだけの量を摂るかですから。

逆に甘味料は体に悪いといわれることが多いですが、種類によってはそこまで体に悪くないものもあります。

安全ではない可能性も否めませんが食べ過ぎると絶対に体に悪影響を起こす砂糖よりかはマシですからね…

気にしすぎていては何も食べられません。

砂糖の種類よりもその量に注意する方が得策でしょう。

広告



グラニュー糖は漂白されている?

続いてはグラニュー糖は漂白されているか否かです。

グラニュー糖は真っ白な砂糖なので漂白されているのではないかと考える人もいます。

ただこちらも結論から言いますと漂白は行われていません。

そもそも砂糖は透明でそれが乱反射することによって白に見えるだけですしね。

わざわざ白色を付けているわけではありません。

これは塩でも同じことが言えますね。

塩も別に漂白しているわけではないですよね。

ではなぜ色が付いている砂糖があるのかということですがそれは不純物が含まれているからです。

塩も不純物が含まれている岩塩なんかは色が付いていますよね。

その不純物を取り除くと透明の砂糖や塩の結晶になるのです。

ちなみに脱色は、

  • 不純物を凝集・沈殿させてろ過する
  • 活性炭などに不純物を吸着させる

といった方法で行われ科学的な処理を行っているわけではありません。

広告



グラニュー糖は太るのか?

最後はグラニュー糖は太るか否かについてです。

これに関しては皆さんが思うように太ります。

また他の砂糖と比べても太りやすいといえるでしょう。

なんといっても糖類で一番カロリーが高いのはグラニュー糖ですからね。

またGI値が高いので血糖値が急上昇し体への負担や肥満の原因になってしまいます。

だからといってほかの砂糖に変えればよいというわけではありません。

実際に、

  • てんさい糖
  • アガベシロップ
  • ココナッツシュガー
  • 米飴

といったような太りにくい砂糖もあります。

ただこれらも絶対に太らないというわけではありません。

一番太りにくいのは甘味料です。

ただ安全といわれていても不確定なところも多いです。

健康に悪いと確定している砂糖よりかはましかもしれませんがそれでも絶対に安全というわけではありません。

やはり先ほどと同じことを言いますが食べ過ぎないことが一番です。

奇をてらったことをするよりも結局は適切な食生活を心がけるのが一番だと僕は思いますよ。

まとめ

今回はグラニュー糖についていろいろと書いてみました。

健康に関しての情報は嘘も多いです。

特にマイナスの嘘が良く出回ります。

そういった嘘に振り回されないように情報の取捨選択をしっかりと行いましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告