お歯黒の作り方は?原材料や成分についても!

皆さん、お歯黒って知ってますよね?

実際に見たことがあるという人は少ないでしょうが、

時代劇などで見たことがあるという人は多いでしょう。

そう、その歯につける黒い液体です。

あれを付けると何とも不気味な形相になるので、

一度見たことがある人はなかなか忘れないでしょう…

そんなお歯黒ですが、

どのように作られて、

どんなもので出来ているのか、

といったようなことをしていますか?

おそらくそこまでは知らない人が多いでしょう。

そこで今回はお歯黒の作り方や材料について書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • お歯黒の原材料は?
  • お歯黒の作り方は?
  • お歯黒をする意味は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



お歯黒の原材料は?

まずはお歯黒の原材料についてです。

お歯黒ですから黒い何かでできているような気がしますが、

それが何かということは知らない人も多いでしょう。

お歯黒の染料である鉄漿の主成分は鉄漿水というものです。

ちなみに「かねみず」と読みます。

これは酢酸に鉄を溶かした溶液で主成分は酢酸第一鉄です。

酢酸第一鉄というのは、

鉄の酢酸塩で、化学式Fe(CH3CO2)2で表される。淡い茶色の固体。

参考:https://www.weblio.jp/content/%E9%85%A2%E9%85%B8%E7%AC%AC%E4%B8%80%E9%89%84

といった物質です。

これを歯に塗った後にさらに粉を上塗りします。

この粉はタンニンを多く含みます。

これが酢酸第一鉄と結合することによって非水溶性へと変化し共に黒変します。

ここに至るまでは黒色ではなく最後にやっと黒くなるのです。

そのためお歯黒というと黒い何かでできているような気がしますが、

実際には黒いものが材料にあるのではないのです。

広告



お歯黒の作り方は?

続いてはお歯黒の作り方についてです。

お歯黒は先ほども書いたように、

鉄漿という染液と五倍子粉と呼ばれる粉でできています。

ここではそれぞれの作り方を紹介しますね。

鉄漿の作り方

まずは鉄漿の作りかたです。

これは先ほども書いたように主成分は鉄漿水で、

それは酢酸に鉄を溶かすことによって作られます。

このように書くと何やら難しく見えますが、

簡単に言えば鉄くずをお酢に漬けて作られるのです

このようにこちらは作り方がとても簡単なので家庭で自作されることも多くありました。

五倍子粉の作り方

続いては五倍子粉の作り方です。

こちらは先ほどとは違って作るのにヌルデの樹液を必要としていたので、

自作することは難しく商品としての流通が一般的でした。

ヌルデの説明はこちら↓

ウルシ科ヌルデ属の落葉高木。

ウルシほどではないが、まれにかぶれる人もいる。

ヌルデの名は、かつて幹を傷つけて白い汁を採り塗料として使ったことに由来するとされる。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%AB%E3%83%87

お歯黒以外にインキや白髪染めに生薬としても使われました。

広告



お歯黒をする意味は?

最後はお歯黒をする意味についてです。

お歯黒には、

歯を目立たなくさせ顔つきを柔和に見せるという効果があります。

言ってみれば化粧の一種といったところでしょうか。

昔は歯科衛生が整ってはいなかったため歯並びが悪かったり変色していたりしました。

そのためその歯を隠すためにお歯黒で歯を隠していたのです。

ただそれだけではなく、

  • 口臭の予防
  • 虫歯の予防
  • 歯周病の予防

といった実用的な目的もありました。

ただ西洋などではこれを悪慣習としてみなされることも少なくありませんでした。

それに対して歴史社会学者の渡辺京二は、

お歯黒は年齢階梯制の表現であり仕事に献身することへの証

というように著書の「逝きし世の面影」で考察しています。

お歯黒には美容目的や健康目的以外にもこういった奥が深い意味も含まれているのです。

まとめ

今回はお歯黒についていろいろと書いてみました。

お歯黒についての情報はあまり話されないので、

今回知ることができて面白かったのではないでしょうか。

あまり役に立つ情報でもないですが話のタネにでも使ってくれれば光栄です。。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告