くす玉の仕組み(原理)を解説!由来や歴史に中身の構造も!

くす玉って使ったことありますか?

何かを祝う場などで使うあれです。

使ったことがない人でも映像では見たことがあるでしょう。

あれって、ひもを引っ張ると中から紙吹雪が出てくるというものですがどのような仕組みになっているのか知っていますか?

くす玉は売られてもいますが自分で作ろうと思った時にどのような仕組みになっているのか知る必要があります。

また、単なる好奇心で構造がどのようになっているのか気になるという人もいるでしょう。

そこで今回はくす玉の仕組みについて詳しく書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • くす玉の仕組み(原理)は?
  • くす玉の作り方と構造は?
  • くす玉の由来や歴史は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



くす玉の仕組み(原理)は?

まずはくす玉の仕組みについてです。

くす玉といっても色々な種類があるので一概に仕組みを説明できませんがこの記事のアイキャッチのような一般的なくす玉の仕組みを説明していきますね。

くす玉というのは皆さんもご存じのとおりひもを引っ張るとくす玉が開くというものです。

何か複雑な仕組みがあるのではないかと思う人もいるかもしれません。

ただ実際にはくす玉の仕組みはとても簡単なものです。

仕組みはこうです↓

  • くす玉の上側がひもで結ばれている
  • その紐を引っ張るとくす玉の上側が下に下がる
  • 上側が下に下がるということは上下が反対になり半球体が外側を向く(開く)

これがくす玉の原理です。

文章ではわかりにくいかもしれませんが想像してみてください。

  • 2つの半球体が合わさっています。
  • 半球体はそれぞれ中心が紐で吊られており固定されています(回転可能)。
  • 上部は紐とつながっています(これが引っ張る紐です)。
  • すなわち3本の紐が使われているということです。
  • その半球体の上側が下に引っ張られます。
  • するとどうなりますか半球体が回転して左右に開きますよね。

簡単な仕組みであるのに文字で説明すると難解なものに…

なかなか文章で説明するのは難しいですね…

次の段落で動画とともに作り方を説明するのでここ理解できなかった人はそれを見てみてください。

広告



くす玉の作り方と構造は?

続いてはくす玉の作り方です。

作り方を知れば先ほどの説明でわからなかった人もくす玉の構造がわかると思います。

くす玉の作り方はこちら↓

  1. まずは半球体のものを2つ探します(同じ大きさ)
  2. それぞれの半球体の端に穴(上側の穴とします)を一つ開けます。
  3. あけた穴を上にして左右に二つ穴をそれぞれに開けます。
  4. それぞれの上側の穴をひもで通してくっつける(これが引っ張る紐)
  5. 左右の穴は同じ半球体同士でひもを通す(上に吊るすための紐)
  6. 左右の紐をそれぞれ結ぶ(吊り下げたい長さで)
  7. 結んだ左右の紐同士を結ぶ

これで完成です。

これらの工程の動画がこちら↓

文章よりやはり動画の方がわかりやすいですね。

ただ少し簡略化されて説明がなされているので不明瞭な点があれば先ほど書いた作り方でその部分を補充してください。

それならくす玉を作ることができると思います。

仕組み自体は簡単ですが作るとなると結構大変ですね…

ただ大変なものほど達成感は大きいのでぜひ挑戦してみてください。

広告



くす玉の由来や歴史は?

最後はくす玉の歴史についてです。

くす玉の歴史ってなかなか知ってる人いませんよね。

また情報もそこまでありません。

そこで今回はくす玉の歴史について調べてみました。

くす玉は漢字で書くと、薬玉、久寿玉といったように書きます。

これらは今のくす玉とは違う意味で使われていました。

文字を見てもわかりますよね。

昔は、薬草、香草、香料などが詰められ錦の袋が、造花などで飾りつけされ、五色の糸でたらされた物のことを指していました。

これらは延命長寿、無病息災の願いが込められている縁起物でした。

ちなみに今のくす玉は割り玉といいます。

ちなみに起源は中国にあります。

魔除けに使用する道具として端午の節句に使われていたようです。

まとめ

今回はくす玉についていろいろと書いてみました。

最初の仕組みの説明ではあまりわからなかった人も作り方や動画を見てもらえばわかってもらえたと思います。

それでもわからない人は一度作って試してみるのも良いでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告