蟻の蜜はどんな味?ミツツボアリというハニーアントについても!

皆さん、アリには蜜があるということを知っていますか?

蜜というととても甘いものですが、

そうするとアリを食べると甘い味がするのでしょうか?

また蟻の蜜というのはどのような味がするのでしょうか?

と気になったので、

今回はアリの味や蜜の味について調べてみました。

後半ではハニーアントについても書いていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • アリの蜜の味は?
  • ミツツボアリとは?
  • ハニーアントの販売場所は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



アリの蜜の味は?

まずはアリの蜜の味についてです。

アリの蜜は蜜というだけあって甘いです。

似ている味といえばはちみつが挙げられるでしょう。

はちみつも同じ昆虫であるハチの蜜なので。

ただアリには蜜があるのでアリの味も甘いというわけではありません。

アリの味はすっぱいです。

なぜかというとアリは蟻酸という酸を持っているからです。

蟻酸というのは↓

最も簡単なカルボン酸。無色の刺激臭のある液体。アリやハチの毒腺(どくせん)やイラクサのとげなどの葉に含まれ、皮膚にふれると水疱(すいほう)ができる。最初にアリを蒸留して得られたところからの名。

出典先:https://kotobank.jp/word/%E8%9F%BB%E9%85%B8-473425

そのためアリを食べてもまったくおいしくありません。

ただ食べたら美味しいアリもいます。

それがハニーアントです。

ハニーアントという名前からも想像できるかと思いますが、

ハニーアントは大量の蜜を体に蓄えています。

そのためこのアリは食べて甘みを感じることが出来ます。

また酸味もあるためレモンティーのような味がするのだとか。

レモンティーの味がするとなると一度食べてみたいものです。

皆さんは食べてみたいと思いますか?

広告



ミツツボアリとは?

続いてはミツツボアリについてです。

ミツツボアリという名前からハニーアントであることがわかるでしょう。

ハニーアントといえばミツツボアリというように代表的なハニーアントです。

ちなみにこれがミツツボアリです↓

HoneyAnt.jpg

このように大量の蜜をおなかに蓄えています。

確かにこれだけ大量の蜜があれば甘い味がするのも納得ですよね。

ミツツボアリは砂漠などの乾燥地帯で生息しています。

そのため食料が多くあるわけではありません

そのため自分のおなかに大量の蜜を蓄えているのです。

蜜を蓄える係や食料を探す係といったように分業制になっているようで、

全部のミツツボアリが蜜を蓄えているというわけではないようです。

ちなみに食糧難になったら自分が蓄えた蜜を他のアリに与えるようです。

その瞬間をぜひとも見てみたいものです。

広告



ハニーアントの販売場所は?

最後はハニーアントの販売場所についてです。

気持ち悪さもありつつ少し食べてみたい気持ちになった人もいるのではないでしょうか?

僕は一度でも良いから食べてみたいものです。

そこで販売されていないかと調べたのですが…

残念ながら販売しているところは見つかりませんでした。

そうなると自分で採りに行くしかないですね。

ちなみに採集している際の動画がこちら↓

このようにして採集するようです。

結構時間がかかるようですね…

しかもそもそもオーストラリアまで行かないといけませんし…

日本にもハニーアントがいればいいのに

なんて思ってしまいます。

まとめ

今回はアリの蜜について書いてみました。

是非ともアリの蜜を食べてみたいものです。

ハニーアントが売っていればよかったのに…

もう1匹500円とかいう破格でも買って食べたいくらいです。

オーストラリアに行った際にはぜひハニーアントを食べて来てください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告