隕石の速さは時速何キロ?落下速度や成分に物質の分析も!

隕石が落下している映像を見たことがありますか?

本文中にも載せるので見たことがない人は見てほしいのですが、

隕石って当たり前ですけど、とてつもない速さで落ちてくるんです。

また隕石落下の様子を見たことがない人も、

漠然と隕石は速いというイメージ持っているでしょう。

ただどれくらいの速さなのかということを詳しく知っている人は少ないでしょう。

そこで今回は隕石の速さについて詳しくとともに、

隕石の成分などについても書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 隕石の落下速度は時速何キロ?
  • 隕石の構成物質や成分を分析!

となっています。

それでは発送開始!

広告



隕石の落下速度は時速何キロ?

まずは隕石の速さについてです。

皆さんは隕石の速さはどれくらいだと思いますか?

時速1000キロ?時速10000キロ?それとも見当もつかないですか?

見当もつかないという人はこちらを見てください↓

これが隕石が落下している様子を動画に撮ったものです。

だいぶ早いですよね。

そろそろ答えを言うと、

隕石の速さは速いものでいうと時速2~3キロほどです。

これは地面に落ちるときの速さです。

大気圏に突入するときの速さは、

遅くても時速数万km、速ければ時速数百万kmなのだとか。

このように大気圏ではとてつもない速さなので大抵のものはその時点で燃え尽きてしまうのです。

ちなみにその燃え尽きたものがいわゆる流れ星というものです。

そこで燃え尽きなかったものは空気抵抗により速度が落とされて、

その状態で地面に落ちて隕石となるのです。

広告



隕石の構成物質や成分を分析!

続いては隕石の成分についてです。

これに関しては隕石の種類によっても変わってきます。

まずは隕石の種類について挙げていきますね。

隕石には、

  • 鉄隕石
  • 石鉄隕石
  • 石質隕石

といったように大きい3つの分類があります。

これらは金属鉄とケイ酸塩鉱物の比率によって分類されます。

またさらにここからさらに分類することができます。

鉄隕石は、

  • ヘキサヘドライト 
  • オクタヘドライト
  • アタキサイト

の3つに大きく分けられます。

これはニッケル含有比と構造から分類されます。

石鉄隕石は、

  • パラサイト 
  • メソシデライト 

に分類されます。

石質隕石も、

  • コンドライト
  • エイコンドライト

といったように分類されます。

これは球粒状構造の有無によって分類されます。

さらにこれ以上詳しく分類することもできますが、

あまりに長くなってしまうので気になる人は別で調べてみてください。

今挙げただけでも隕石にはたくさんの種類があるということが分かったと思います。

これらのすべてが成分などが違ってくるので一概に隕石の成分を書くことはできないのです。

そこで今回は最初に挙げた大きい3つの分類別で成分を解説していきますね。

広告



鉄隕石

まずは鉄隕石です。

この隕石は名前の通り主に金属鉄から成る隕石です。

またこれは天体の金属核の部分が落下してきたものです。

種類によっては貴金属が含まれていることもあるのだとか。

地域によっては農具に使われていたこともあるようです。

石鉄隕石

続いては石鉄隕石です。

この隕石はほぼ同じ割合のFe-Ni合金とケイ酸塩鉱物から成る隕石です。

こちらは天体のマントル部分が落下してきたものです。

マントルは金属核の上層にある部分でその境界線には金属と岩石が混在しています。

その部分が石鉄隕石の起源物質であるといわれています。

石質隕石

最後は石質隕石です。

この隕石はケイ酸塩鉱物から成る隕石です。

未分化の天体や天体の地殻やマントルが落下してきたものです。

そのため岩石の割合が多いのです。

まとめ

今回は隕石についていろいろと書いてみました。

隕石というと謎に包まれているイメージを持っている人も多いかもしれませんが、

今回これを読んだことによって少しはその謎が解けたのではないでしょうか。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告