ウイスキーは頭痛や下痢に便秘の原因に!?原因や対策方法も!

皆さんの中でウイスキーが好きな人はいますか?

ウイスキーが好きでよく飲むという人もいるでしょう。

そういった人で飲んでも特に何もない人もいますが、

ウイスキーを飲んだ後に何らかの不調が出る人がいます。

それがタイトルにもあるような、

  • 頭痛
  • 下痢
  • 便秘

といったようなものです。

好きなのにこういった不調のために、

ウイスキーを敬遠している人もいると思います。

そこで今回はウイスキーによる不調の原因と対策について書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ウイスキーは頭痛の原因?対策方法も!
  • ウイスキーは下痢の原因?対策方法も!
  • ウイスキーは便秘の原因・解消のどっち?

となっています。

それでは発送開始!

広告



ウイスキーは頭痛の原因?対策方法も!

まずはウイスキーによる頭痛についてです。

ウイスキーを飲むと結構多いです。

酒に強い人でもウイスキーだけは頭痛がするという人もいるくらいですから。

そうさせるのはウイスキーの何なのかというのが気になりますよね。

ただこれに関してはとても単純明快で、

ウイスキーが度数の高いお酒であるからです。

ちなみにアルコールによる頭痛は2つの種類があり、

  • お酒を飲んだ直後の頭痛
  • 二日酔いによる頭痛

の2つです。

前者はアルコールを摂取することにより、

血管が拡張しそれが神経を圧迫するからです。

また後者はアルコールが肝臓でアルデヒドに分解されることにより起こります。

アルデヒドにも血管を拡張させる効果があり神経を圧迫するのです。

これの対策についてですがこれに関してはやはり、

ウイスキーを飲みすぎないというのが一番です。

また質の良いウイスキーを飲むのも効果的です。

質の悪いものだと熟成期間が短いため悪酔いしやすいので。

飲みすぎてしまった後ならば、

  • 水を飲む
  • コーヒーを飲む
  • ウコンドリンクを飲む
  • シジミの味噌汁を飲む

といったようなものが効果的です。

広告



ウイスキーは下痢の原因?対策方法も!

続いてはアルコールによる下痢についてです。

ウイスキーを飲むと頭痛だけでは下痢の症状が出ることがあります。

これもウイスキーが下痢を起こすのではなくアルコールが下痢の原因です。

アルコールが強いお酒は下痢を引き起こしやすく、

ウイスキーはアルコールが強いので下痢を起こすというわけです。

ちなみにこれは、

  • アルコールが腸を活発にする
  • アルコールを分解するときのガス

といったようなことが原因です。

腸が活発になることにより水分を吸収する時間が短くなる。

結腸の細菌がアルコールを食べ、それによりガスと水分を多く含む便を出してくる。

これらがウイスキーによる下痢の原因です。

これは、

飲みながら食べることで緩和することができます。

おなかに食べ物を入れておくことで、

アルコールの影響を緩和することができるのです。

皆さんも空腹時のアルコール摂取は危険と聞いたことがあるかもしれません。

あれはこのことを言っているのです。

広告



ウイスキーは便秘の原因・解消のどっち?

最後はウイスキーによる便秘についてです。

先ほどの下痢と相反するようにも思えますが、

ウイスキーが便秘の原因になりうることもあります。

それは、

  • 胃腸へのダメージ
  • アルコールによる食べ過ぎ

といったようなことが原因です。

前者はアルコールの過剰摂取による胃腸のダメージ、

後者はアルコールの食欲増進による食べ過ぎ、

のことです。

このように過度なアルコールや食事が便秘の原因となるのです。

ただ逆に適度な量であればアルコールは便秘解消に効果的です。

なんでもそうですが適度なのが大切なのです。

まとめ

今回はウイスキーと不調の関係について書いてみました。

総じて飲みすぎが一番の原因です。

飲む量を考えて楽しみましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告