フランスパンの冷凍の可否や解凍方法は?食べ方も!

フランスパンの保存って難しいですよね。

パン屋さんとかで焼き立てを食べるとおいしいけど、次の日になったら味が落ちてしまう…

こういった経験をしたことがある人は多いと思います。

実際に、フランスパンは保存するのが難しいです。

そんな保存が難しいフランスパンですから下手な保存方法を試せませんよね。

なので冷凍なんかも敬遠していたという人も多いと思います。

そこで今回はフランスパンは本当に冷凍保存ができないのかについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • フランスパンの冷凍保存は可能?
  • フランスパンの解凍方法は?
  • フランスパンの正しい保存方法を紹介!
  • フランスパンのおいしい食べ方を紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



フランスパンの冷凍保存は可能?

まずはフランスパンは冷凍保存できるのか否かについてです。

まず、結論から言うとフランスパンの冷凍保存は可能です。

買った翌日に食べるのであれば冷凍する必要はありません。

ただ翌日以降まで保存したい場合には冷凍保存は効果的です。

しかし、ただ冷凍庫に入れるだけでは味が落ちてしまいます。

フランスパンの冷凍には気を付けないといけに事がいくつかあります。

それが↓

  • 食べやすい大きさにカットする
  • フリーザパックのような密封できるものに入れる
  • その際に空気はできるだけ抜くようにする
  • 急速に冷凍するために金属トレーの上で冷凍する

といったようなことです。

これらをしっかりと守れば冷凍しても味の劣化を最小限にすることができます。

フランスパンの解凍方法は?

続いては解凍方法についてです。

解凍方法は普通に自然解凍で問題ありません。

外に出しておけば30分ほどで解凍されます。

ただ乾燥しているので霧吹きなどで軽く表面を湿らせると尚良いです。

広告



フランスパンの正しい保存方法を紹介!

続いてはフランスパンの正しい保存方法についてです。

先ほどは翌日以降まで日持ちさせたい人のために冷凍での保存方法を書きました。

ただ、あれが最善の保存方法というわけではありません。

あくまで、冷凍での味の劣化を最小限に抑える方法に過ぎません…

実際にはさらに良い保存の方法があります。

ここではその方法を紹介していきますね。

まず大切なのは保存袋に長い間フランスパンを入れないことです。

パン屋さんでフランスパンを買った時には保存袋に入れてくれることがあります。

保存袋という名前なので上手に保存してくれそうに思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。

保存袋にフランスパンを長い時間入れておくと袋の中で熱気がこもって、表面が湿ってしまいます。

そのため家に帰ったらすぐに保存袋から出しましょう。

それからパンが呼吸できるようにふきんに包んで保存します。

これなら乾燥することもないですし、湿り過ぎることもありません。

この保存の仕方なら焼き立てのぱりぱりした食感を保つことができます。

ただ、この方法では翌日までしか日持ちしないことが欠点です。

ただ翌日までに食べきれるのであればこの方法で保存しましょう。

広告



フランスパンのおいしい食べ方を紹介!

最後はフランスパンのおいしい食べ方についてです。

フランスパンはそのまま食べるのでも十分においしいです。

むしろ焼き立ての場合なんかではそのままで食べるのが一番おいしいといっても過言ではないでしょう。

ただ日が経って味が落ちてしまったフランスパンはアレンジした方がおいしく食べられることもあります。

ここではいくつかのアレンジ方法を紹介しますね。

それがこちら↓

  • フランスパンで卵サンド
  • バケットフレンチトースト

それぞれレシピを紹介していきますね。

フランスパンで卵サンド

まずは材料↓

  • フランスパン 9センチ 3センチ×3個
  • 卵      1個
  • ハム     1枚
  • マヨネーズ  小さじ2
  • 塩      少々
  • こしょう   少々
  • パセリ    5g

このようにシンプルな材料しか使いません。

パセリがない場合には使わなくてもおいしいです。

作り方は↓

  1. 卵は固茹でにする。ハムは3ミリの角切り、パセリはみじん切りにする。
  2. 卵を細かくして、ハム、マヨネーズ、塩、こしょうを加えて混ぜる。
  3. フランスパンは、3センチの輪切りにする。耳の内側に包丁で3分の2の付加さまで切り込みを入れる。
  4. スプーンで押さえて器にする。
  5. 凹んだ部分に卵を詰める。オーブントースターで焼き色が付くまで焼く。
  6. パセリを散らして完成

出典先:https://cookpad.com/recipe/5141454

このように作り方もとても簡単です。

休日の朝ご飯なんかに食べれば最高でしょう。

バケットフレンチトースト

まずは材料↓

  • バケット 3切れ
  • 卵    1個
  • 牛乳   100ml
  • 三温糖  小さじ1
  • バター  10gほど

三温糖は普通の砂糖でも代用可能です。

作り方はこちら↓

  1. バケットを3㎝幅に輪切りにする。バケットは中くらいの太めのもの。
  2. 卵、牛乳、三温糖をよく混ぜ保存容器に入れる(底が平らで必要なバケットがきっちり詰められる大きさがいい。
  3. バケットを並べて卵液に浸し冷蔵庫で寝かす。
  4. 20分後、バケットをひっくり返して一晩冷蔵庫で寝かす。
  5. 翌朝、よく卵液に浸したバケットを焼きます。
  6. フライパンにバターを2/3流しいれ均一にまわす。
  7. バケットの卵液に浸っていた面をフライパンに並べ、蓋をして弱火で3~4分蒸し焼き。
  8. 少し焼き色がついたら、裏返して残りのバターをバケットの裏面にいきわたるようにいれる。
  9. 弱火で蓋をして3分。
  10. 裏面にも焼き色がついてきたら、蓋を取って少しこんがりさせる。
  11. お皿に移してできあがり!

出典先:https://cookpad.com/recipe/5159219

こちらも手間はすこしかかるものの作り方自体は難しくはありません。

甘いものが好きな人は作ってみてください。

まとめ

今回はフランスパンの保存について詳しく書いてみました。

本文にあるようにおいしさをいろいろな工夫と手間が必要です。

ただそれでもそれを行う価値があるほど上手に保存したフランスパンはおいしいです。

ぜひ試してみてください!

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告