鰹節の保存容器のおすすめは?保存場所や冷凍の可否についても!

鰹節って皆さん、どのように保管していますか?

皆さんもご存じのとおり、鰹節は乾物の一つです。

乾物ですからもちろん乾燥しているので湿気には弱いです。

そのため鰹節も同じく湿気に弱く、

保管にも少しばかり工夫が必要となってきます。

もしも保管の方法を誤ってしまうとせっかくの鰹節が駄目になってしまうことも…

今回のお届け内容はこちら↓

  • 鰹節の正しい保管方法は?
  • おすすめの鰹節保管容器は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



鰹節の正しい保管方法は?

まずは鰹節の正しい保管方法についてです。

冒頭にも書いたように鰹節などの乾物は保管方法によって質が変わります。

美味しいかつおだしをとりたいのであれば保管方法にもこだわる必要があります。

そこで今回は、

  • 保管場所
  • 冷凍保存の可否
  • 注意すべき点

といったようなことを説明していきますね。

鰹節の正しい保管場所

まずは鰹節の保管場所についてです。

保管場所は特に大切なので気を使ってくださいね。

未開封か開封済みかで変わるのでそれぞれ書きますね。

未開封の場合なら、

  • 直射日光が当たらない
  • 涼しい

場所が鰹節の保管に向いています。

いわゆる、冷暗所というところですね。

開封済みの場合には、

常温保存では風味が損なわれたりカビが生えてしまう

こともあるので冷蔵庫に入れておきましょう。

冷蔵庫に入れるときも密封の容器を使い空気をできるだけ抜く必要があります。

鰹節の冷凍保存の可否

続いては冷凍保存の可否についてです。

鰹節は基本的に冷蔵保存で十分です。

それでも結構日持ちはするので。

ただ冷凍保存することができないわけではありません

ただ鰹節を冷凍した状態で外に置いておくと結露ができてしまいます。

そうなると鰹節に水分が付いてしまうのでもちろん良くありません。

冷凍保存する場合には出し入れを極力抑えましょう

それができないのであれば冷蔵保存が得策です。

広告



鰹節の保管で注意すべき点

続いては鰹節の正しい保存方法のついてです。

鰹節は未開封の状態では真空にされたうえで、

窒素ガスが充噴されているので、

そこまで注意しなくても大丈夫です。

ただ開封してしまうとそうもいきません。

先ほど書いた保管場所を守るだけでなく、

ほかにも知っておく必要がある事柄があります。

まず冷蔵をしていてもいつまでも持つわけではありません。

あまりにも長時間保存しているとむしろ乾燥しすぎて粉々になってしまいます。

またそうなると香りも薄れてしまいます

鰹節はどんな保存方法をしていたとしても早く使い切る方が良いです。

また鰹節は湿気だけではなく香りにも注意しておかなければなりません。

湿気を防ぐために密封しているでしょうから大丈夫だと思いますが、

鰹節にほかの香りが付いてしまうと、

鰹節の香りが台無しになるんで注意しましょう。

できるだけにおいがきついものの近くに保管しない方が良いでしょうね。

広告



おすすめの鰹節保管容器は?

最後はおすすめの鰹節保管容器についてです。

鰹節は保管場所や方法だけでなく保管容器も重要です。

他がどんなに良くても保管容器が悪ければ意味がありません。

鰹節を保管する際には保管容器にも気を使いましょう。

最近の鰹節は大抵↓

こういったような密封できる袋に入っています。

なのでこういったものであればそのまま同じ袋を使っても大丈夫です。

ただ小分けに保存したいといった理由でほかに容器が必要な場面もあります。

そういった場合には↓

こういった容器を使いましょう。

しっかりと密封できますしかさばることもないので便利です。

また値段も安いので使い捨てれるので衛生的にも安全です。

容器というと大層なものをイメージしたかもしれませんが、

このような簡易的なもので十分に役目を果たしてくれます。

かえって凝ったものを使うとかさばるだけなのでこれを使うのが最適でしょう。

まとめ

今回は鰹節の保管方法について書きました。

少しでも香りのよい出汁を飲みたいという人は、

出汁の作り方だけでなく鰹節の保管も大切にしましょう。

素材が良ければやはりそれで作られた料理もおいしくなるので。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告