アーモンドクリームとは?使い方や保存方法に冷凍しても良いのかも!

アーモンドクリームというものを知っていますか?

お菓子作りに使うことが多いのでお菓子作りが好きな人は知っているのではないでしょうか。

それでもアーモンドクリームについて詳しく知っているという人は多くはいないでしょう。

そこで今回はアーモンドクリームについて詳しく書いてみました。

使い方や保存法など実用的なことについても書いていきますね。

今回のお届け内容はこちら↓

  • アーモンドクリームとは?
  • アーモンドクリームの使い方は?
  • アーモンドクリームの保存方法は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



アーモンドクリームとは?

まずはアーモンドクリームとはどんなものなのかについてです。

名前を聞いたことがある人でも詳しくどんなものなのかは知らないでしょう。

アーモンドクリームというのは、

  • アーモンドパウダー
  • バター
  • 砂糖
  • 溶き卵

をすべて同じ分量混ぜて作られたクリームです。

作るときは↓

  1. バターを常温で溶かす
  2. クリーム状になるまで練る
  3. 砂糖を少しずつ加える
  4. 溶き卵を少しずつ加える
  5. アーモンドパウダーを入れる
  6. 滑らかになるまで混ぜる

といった手順で作ります。

作り方自体はそこまで難しくないので、

家でも簡単に作ることが出来ます。

ただ、

↑このように既製品もあることにはあります。

ただこれはバターではなく植物油脂が使われており、

更には卵が使われていないので味が少しばかり劣ります。

そのため本格的にお菓子作りをしたいのであれば、

自分でアーモンドクリームを作る方が良いでしょう。

ただ気軽に使うことが出来るというのも事実です。

自分に合った方を選びましょう。

広告



アーモンドクリームの使い方は?

続いてはアーモンドクリームの使い方についてです。

アーモンドクリームには多くの用途があります。

普通に食パンに塗って食べるだけでも十分美味しいです。

アーモンドの香ばしい味が食パンを本格的なパンに変えてくれます。

またお菓子作りでいうと↓

  • アーモンドクリームパイ
  • アーモンドクリームタルト

といったようなものに使います。

いずれもアーモンドクリームを入れるだけで作ることが出来るのでとても簡単です。

パイ生地やタルト生地を買うのであればすぐに作ることが出来ます。

またアップルパイのクリームをアーモンドクリームにするというのもおいしいです。

ただアーモンドクリームだけでは先ほども書いたように滑らかさに少々かけます。

そのためお菓子作りに使う場合には生クリームを混ぜて使ってもおいしいです。

また生クリームではなく豆乳でも滑らかさとコクを加えることが出来ます。

このようにアレンジすることによってより食べやすくなります。

ざらざらした舌触りではお菓子作りには向かないのでね。

お好みで滑らかなものを混ぜて食べやすいようにアレンジしてみてください。

自分好みのアーモンドクリームなら美味しく食べられるでしょうから。

広告



アーモンドクリームの保存方法は?

最後はアーモンドクリームの保存方法についてです。

市販のものであれば常温保存で1年持ちます。

直射日光に当てさえしなければ特にこれで問題はありません。

ただ自家製のものとなると話は別です。

自家製のものは市販のものに比べて、

衛生に目が行き届いていない可能性があるので、

出来るだけ早く食べた方が良いでしょう。

また保存は冷蔵庫で行うことをお勧めします。

冷蔵庫でも生の卵を使っているので持って2日です。

ただ冷凍することが出来るので冷凍なら2週間持たせることが出来ます。

2日以上保存したい場合には冷凍保存にしておきましょう。

そうしておかないとすぐに腐ってしまいます。

夏などは特に生の卵を使っているので食中毒対策に集中しましょう。

まとめ

今回はアーモンドクリームについて書いてみました。

あまり店頭で見かけることはないので、

お店では買えないかもしれません。

ただ自分で簡単に作ることが出来るのでぜひ作ってみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告