蟻で噛む種類は?噛まれた跡の処置法や薬の選び方も!

皆さんはアリに噛まれたことがありますか?

最近ではヒアリがテレビなどで話題になることが多いので、

人を噛むアリといえばヒアリを連想する人も多いでしょう。

ただ何もヒアリだけが人を噛むアリであるというわけではありません。

ヒアリ以外にも人を噛むアリは多くいます。

今回は人を噛むアリの種類を紹介するとともに、

アリに噛まれた時の対処法についても書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 人を噛むアリの種類は?
  • アリに噛まれた時の対処法は?
  • おすすめの薬を紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



人を噛むアリの種類は?

まずは人を噛むアリの種類についてです。

人を噛むアリは結構多いです。

というかよく見かけるであろう大きくて黒いアリ、

クロオオアリも人を噛みます。

僕もこのアリを捕まえようとして小さいころに噛まれたことがあります。

また赤いアリに噛まれたということであれば、

  • アミメアリ
  • イエヒメアリ
  • ヒメアリ

のいずれかである可能性が高いです。

ほかにも羽有なんかも人を噛むことがあります。

このように人を噛むアリは多くいます。

なので周りにいるアリは基本的に人を噛むといっても過言ではないでしょう。

これらのアリは噛まれてもせいぜいチクッとするくらいです。

ただ世界には噛まれたらとても痛いアリもいます。

それがサシハリアリです。

ウィキペディアにも、

サシハリアリ  はアリの一種である。

ニカラグアからパラグアイまでの、湿潤な低地多雨林に生息する。

刺された時に24時間痛みが続くことから、現地では“Hormiga Veinticuatro”(24時間のアリ)という名を持つ。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA

このように恐ろしさが書かれています。

怖いのは24時間続くということだけではなくその痛みの強さです。

この地球上にいるどの蜂に刺されるよりも強い痛みなのだとか。

アリといえどジャングルにいるアリはやはり恐ろしいですね。

広告



アリに噛まれた時の対処法は?

続いてはアリに噛まれた時の対処法についてです。

先ほどのような海外の恐ろしいアリではなく、

日本のアリでも噛まれると腫れることがあります。

また小さい痛みが長い間続くことも…

アリに噛まれた時の対処法をしっかり知っておくべきでしょう。

対処の手順はこちら↓

  1. まずは噛まれた部分を流水で流す
  2. 痛みがあるのなら患部を冷やす
  3. それでも痛ければ虫刺されの薬を塗る

といったように対処しましょう。

基本的には日本のアリは毒があるアリは少ないので簡単な処置で済みます。

一番大切なことは執拗に患部を触らないことですね。

あまりベタベタと触ってしまうと悪化するので。

きちんと処置をして放っておけば何日かすれば治ります

ただそれでも治らない場合には病院に行きましょう。

毒性のある虫に刺されたり噛まれたりした可能性があるので。

また腫れがひどい場合には最初から病院に行きましょう。

広告



おすすめの薬を紹介!

最後はおすすめの薬についてです。

なかなか治らない場合や痛みが気になる場合には薬が有効です。

まず痛みが気になるという人は、

こういったものを使うのがよいでしょう。

痛みを緩和させ腫れを引かせる効果があります。

これなら家にある人も多いでしょうから、

あるのならこれを塗っておくと楽です。

また傷口が大きい人は、

こういったものを使うのがよいでしょう。

傷口が大きい場合にはそこから化膿してしまう可能性があります。

しっかりと消毒をして患部を触らなければ基本的には大丈夫なのですが、

心配な方は念には念を入れてこういった軟膏を使うのもよいと思います。

まとめ

今回は噛むアリについて書いてみました。

アリは基本的に噛むということを知っておきましょう。

人を噛むアリは何もヒアリに限ったことではありません。

またアリに噛まれた場合には過度に心配せず、

正しい処置を噛まれた後に施しましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告