イルカは何科?仲間の動物や祖先についても!

動物は「科」に分類されますよね。

犬ならイヌ科、猫ならネコ科といったように。

イルカは何科に属しているのか知っていますか?

イルカというと知名度が高い動物の1つであり、

イルカのかわいい見た目からか好きな人も多いでしょう。

ただそんな人であってもそこまで詳しくイルカについて知っているという人は多くないと思います。

それではイルカ好きとして失格ですよね。

そこで今回はイルカの雑学についていろいろと書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • イルカは何科?
  • イルカの仲間の動物は?
  • イルカの祖先は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



イルカは何科?

まずはイルカは何科なのかについてです。

まず結論から書きますが、

イルカの種類によって何科なのかは変わってきます。

科というのは↓

科は、生物分類のリンネ式階層分類における基本的階級の1つ、および、その階級にあるタクソンである。

科は、目の下・属の上にある。また科の上に上科、下に亜科をおく場合がある。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91_(%E5%88%86%E9%A1%9E%E5%AD%A6)

のことをさす。

ちなみにリンネ式階層分類は↓

  1. 生物
  2. ドメイン

といったように分類します。

これを見てもわかるように「科」は下層にあるので、

すべてのイルカが同じ科というわけではないのです。

ただイルカは、

哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目

といったようにあらわすことができます。

そこから、

バンドウイルカやカマイルカならマイルカ科に、

ネズミイルカやスナメリはネズミイルカ科に、

といったように分類されるのです。

広告



イルカの仲間の動物は?

続いてはイルカの仲間の動物についてです。

イルカの仲間といえばクジラでしょう。

その証拠にクジラもイルカと同じく、

哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目

というように分類されます。

ここからもわかるようにイルカとクジラには生物分類学上では区別がありません

生物分類学上では同じ生物の種類違いなのです。

ただ日本以外でもイルカとクジラは日常レベルでは区別されるというから不思議です。

ただ一応のイルカとクジラの境界がありそれが、

成体の体長で4メートル以上か以下かです。

言ってみれば、

大きいのはクジラに、

小さいのはイルカに

といったように区別されているのです。

ただこれはあくまで傾向なのであって、

コマッコウやゴンドウクジラといったものは、

体長が4メートルに満たないにもかかわらずクジラに区別されます。

また逆にシロイルカは和名ではイルカとなっているが、

体長は5メートルを超えるのでクジラに区別されることが多い。

このように境界線すらも曖昧なものなのです。

ちなみに最近の研究で陸上の動物ではカバがイルカの仲間であることが分かったようです。

確かに言われてみればなんとなくわかるような気がしませんか?

広告



イルカの祖先は?

最後はイルカの祖先についてです。

先ほどは仲間の動物について書きましたが、

続いてはイルカの祖先の動物についてです。

イルカの進化の軌跡を書いていきますね。

イルカの最初期の祖先と思われるのは、

パキケトゥス類

です。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E5%8F%B2#%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%85%88

このようにクジラの最初期の祖先は陸上の動物でした。

 

長い時が経ち、さらにイルカに近い、

アンブロケトゥス類

が現れました。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E5%8F%B2#%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%85%88

こちらは水陸両棲の生物でした。

ここからもイルカに近づいていることがうかがえますね。

また見た目も先ほどよりはイルカに近いように思えます。

 

それからさらに時を経てさらにイルカに近い、

レミングトノケトゥス類

が現れました。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E5%8F%B2#%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%85%88

こちらはさらに水中に特化した生物です。

またほぼ完全に海浜環境に適応した生物でもありました。

広告



その後、

プロトケトゥス類

が現れました。

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E5%8F%B2#%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%85%88

この生物は水陸両棲生物でした。

ただ先ほどの生物よりも水中に特化していたと考えられています。

また見た目もほぼイルカになってきましたね。

 

これらの祖先を経て遂におよそ2000万年前初期のイルカが誕生しました。

それがこちら↓

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E5%8F%B2#%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%85%88

もうここまでくると見た目は完全にイルカですよね。

ここから今のイルカが出現していきます。

このような軌跡をたどってイルカ誕生したのです。

まとめ

今回はイルカについていろいろと調べてみました。

どんなことでも根深く調べてみると面白いものですね。

皆さんもこれでイルカに詳しくなったのではないでしょうか。

こんかいはここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告