きなこは消化に悪い?食物繊維の多さが裏目に!?

きなこって健康食品っていうイメージが多くあると思います。

そのため健康のために食べているという人も多いでしょう。

ただ、きなこの消化について気になる人もいるようです。

全員がそうではないと思いますが、きなこは食物繊維が多いから消化に悪そうと思うのかもしれません。

実際に食物繊維の多い海藻なんかは消化に悪いですからね。

また、きなこの原料である大豆も消化に悪いのでそれできなこの消化を気にする人が多いのでしょう。

そこで今回はきなこの消化の良しあしについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • きなこは消化に良い・悪い?
  • きなこは食物繊維が多い?
  • きなこの効能は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



きなこは消化に良い・悪い?

まずはきなこの消化は良いのか悪いのかについてです。

冒頭にも書いたようにきなこの原料となる大豆は消化に悪いです。

また、食物繊維が多く含まれているのでそれでも消化に悪いと思う人もいるでしょう。

ただ、結論から言うときなこは消化に悪くありません。

というよりかきなこは消化に良いです。

大豆は煮豆で食べるのであれば、60~70%程度しか消化・吸収されないです。

ただ、きなこに加工すれば消化は良くなります。

豆腐や豆乳といったような大豆の加工品も消化に良いです。

これらであれば、90%以上消化・吸収することができます。

大豆はとても豊富に栄養成分が含まれています。

ただ、そのまま食べるだけではその一部しか消化することができないので、すなわちその栄養成分を吸収することができません。

なので、

  • きなこ
  • 味噌
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳

といったような大豆の加工品を取り入れた方がより多くの栄養成分を吸収することができます。

さらに、味噌なんかは活性度の高い消化酵素含まれているので、一緒に食べた食品も吸収も良くなります。

広告



きなこは食物繊維が多い?

続いてはきなこの食物繊維量についてです。

冒頭にも書いたようにきなこの食物繊維は多いです。

きなこは炒ってそれを粉にして作られるので重量当たりの食物繊維量は大豆製品の中でも一番多いです。

また、栄養価もほとんど変わらず大豆丸ごとの栄養を手軽にとることができる便利な食材です。

きなこには水溶性と不溶性どちらの食物繊維も含まれていますが、不溶性食物繊維の量が圧倒的に多いです。

不溶性食物繊維というのは名前のとおり、水に溶けない食物繊維のことを指します。

それらには、

  • 水分を吸収しやすく、便のかさをふやし排便を促す
  • 有害物質を体外へ排出、大腸がんの予防効果がある

出典先:http://www.mannanlife.co.jp/learns/fiber/

といったような効能があります。

ちなみに不溶性と水溶性は2対1の割合で摂るのが良いようです。

そのため水溶性食物繊維を含む、

  • リンゴ、ミカン等の果物
  • 芋類
  • キャベツや大根等の野菜類
  • こんぶやわかめなどの海藻類等
  • 大豆やカラス麦等の麦類、海藻類等

出典先:http://www.matsushima-hp.or.jp/landmark/evacuation_6.html

といったような食材も併せて摂るのが大切です。

広告



きなこの効能は?

最後はきなこの効能についてです。

先ほど書いたようにきなこには多くの食物繊維が含まれています。

ただ、それだけではありません。

きなこにはほかにも多くの栄養成分が含まれています。

それが↓

  • 大豆イソフラボン
  • タンパク質
  • 葉酸
  • 鉄分

といったようなものです。

それぞれには、

  • 更年期障害や骨粗鬆症を予防する効果
  • 筋肉や肌、臓器などを作り、疲労回復や免疫力を上げる効果
  • 赤血球の生成や細胞の新生に新陳代謝や成長への効果
  • 貧血を予防する効果

参考:https://ryoko-club.com/food/kinako-nutrition.html

といったような効能があります。

まとめ

今回はきなこの消化について書いてみました。

きなこは本文に書いたように消化に良い食品です。

またそれだけでなく栄養も豊富の食品なので、健康を気にしている人は積極的に取り入れても良いでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告