煙突は雨や雪の日どうなる?防水や防音に水漏れ・雨・雪対策も!

煙突のある家って憧れますよね。

僕も友達に煙突のある家に住んでいた子がいたのですが、

子供ながらうらやましく思っていたことを覚えています。

ただ煙突のある家には大変なことも多いです。

その1つが雨です。

煙突って言ってみれば家に穴が開いている状態ですよね。

そうなるとそこから雨が入ってきそうなものです。

そこで今回は煙突は雨の日はどうなるのかについて書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 煙突は雨の日どうなる?
  • 煙突の防音は?
  • 煙突から虫や鳥は入ってくるのか?

となっています。

それでは発送開始!

広告



煙突は雨の日どうなる?

まずは煙突は雨の日どうなるのかについてです。

煙突というのは冒頭にも書いたように言ってみれば、

家に穴をあけたようなものなので、

雨の日にどうなるのか気になったことがある人も多いでしょう。

実際に煙突を家に取り付けたいと思っている人の中でも気になっている人は多いのではないでしょうか?

結論から言いますが煙突があっても雨が家の中に入ってくることはありません。

煙突はただの筒だと思っている人が多いと思いますが煙突はただの筒ではありません

煙突の穴の真下で火を燃やしているのではなく少し横に逸れたところに火元があるのです。

また穴の真下には水を受けるところが付いておりそこで雨水は止められます。

そのため雨が降っても家に水は入ってきませんし、火が消えてしまうということもありません。

そのため煙突の穴から家に入っても一直線に家の中に入ることはできず、

一度水を受けるところに落下してから横に移動してやっと家の中に侵入できるのです。

雨の少ない国では一直線の煙突もあるようですが雨の多い日本ではほとんどの煙突が一直線ではありません。

広告



煙突の防音は?

続いては煙突の防音についてです。

家に穴が開いていて心配なのは雨だけではありません。

家に穴が開いているとなると音も入ってきます。

窓を開けると外の音がよく入ってきますよね。

それと同じで煙突があると外の音が入ってきます。

雨は雨を受けるところを作ればよいだけですが、

音となると受けることはできませんからね…

ただ窓のように距離が近いわけではなく、

高いところに少し穴開いているだけなので、

そこまで音を気にしなくても大丈夫です。

ただ煙突の音は外からのものだけではありません。

煙突は自らも音を出します。

暖炉に火を付けて少し経つと煙突から音がするのです。

これはおそらく煙突が暖まったことにより膨張して音が鳴っているのでしょう。

同じように冷めるときにも音が鳴ります。

そこまで不快な音ではなくむし煙突の醍醐味の一つともいえるでしょう。

ただ外にも音が聞こえてしまうこともあります。

そうなると近所から苦情が来る可能性も十分に考えられます。

気になる人は一度業者の人に聞いてみるのが良いでしょう。

広告



煙突から虫や鳥は入ってくるのか?

最後は煙突から虫や鳥が入ってくるのか否かについてです。

雨は一直線にしなければ防げますが虫や鳥は雨とは違って曲がることができるので煙突を曲げてもあまり意味はありません。

ただ煙突のトップにフィルターを付けることによって虫や鳥は防げます。

ただ一番の問題は薪です。

薪には虫が付いていることが多いのでそれが家に侵入することがあります。

これに関してはどうしても避けられないのでどうしてもいやな人は薪以外の燃料を検討してみるのが良いでしょう。

最近では薪以外にも人工の燃料があるようですから。

まとめ

今回は煙突の疑問についていろいろと書いてみました。

煙突というと昔はハードルが高いものでしたが、今では煙突の質の高くなっており比較的ハードルも低くなってきたような気がします。

煙突の家に興味がある人はあきらめずに一度業者の方に相談しに行ってみることをお勧めします。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告