腕相撲が強い人の特徴は?本当に筋肉は関係ないのか

皆さんの周りに腕相撲が周りに比べてずば抜けて強い人っていませんか?

僕の周りにはほかの人と比べて目立って強い人がいます。

皆さんもいるのならその人を思い浮かべてみてください。

そうするとそこまで体格がよくない人が思い浮かぶ人がいると思います。

もちろん体格が良くて見た目のまま強いという人ももちろんいるでしょう。

ただひょろっとしているのにもかかわらず強いという人もいるのです。

そうなるときになるのが腕相撲が強い人の特徴ですよね。

そのような人が腕相撲強いのでしょうか?

気になったので今回は調べてみました。

今回のお届け内容は↓

  • 腕相撲が強い人の特徴は?
  • 腕相撲に筋力は関係ない?
  • 腕相撲が強くなるには?

となっています。

それでは発送開始!

広告



腕相撲が強い人の特徴は?

まずは腕相撲が強い人の特徴についてです。

冒頭にも書きましたが腕相撲が強い人は必ずしも体が大きい人とは限りません。

全然体が大きくなくとも自分よりも体が大きい人を倒すことができます。

それはなぜなのか、どんな特徴があるのか、というのは気になりますよね。

結論を言ってしまうと「センス」です。

腕相撲はただの力比べと思っている人がいるかもしれませんがそれは間違いです。

力だけでは勝てません。

現に体が大きくなくても強い人がいるのはそのためです。

特に手首の使い方が重要です。

手首をうまく使うことができれば相手に力を入れにくくすることができるのです。

またそのほかに「手の長さ」も重要なポイントです。

手が長ければ上から押し付けるように力を入れられるので有利です。

これは小学生くらいだと顕著に差が出ます。

小学生くらいは筋力にそこまでの差はないので体重をかけることができるというのは大きなアドバンテージになりますからね。

広告



腕相撲に筋力は関係ない?

続いては腕相撲に筋力は関係ないのか否かについてです。

先ほど腕相撲は単に力比べではないという風に書きました。

そのため筋力は関係ないのではないかと思った人も多いでしょう。

実際にアマチュアでは筋力が重要ではないことも多いです。

ただ筋力が関係ないわけではありません。

同じくらいの技量であれば筋力が強い人の方が強いです。

またプロともなればその違いは顕著です。

これを見てみてください↓

これは日本の腕相撲大会の決勝です。

二人とも腕がとても太くて筋肉がありそうですよね。

このレベルになるとテクニックがあるのは当たり前なので筋力で差が出ます。

また高校生くらいにもなると筋力の差も大きくなってきます。

そうなると小手先のテクニックでは通用しなくなってきます。

そうなるとやはり筋力が大切になってくるというわけです。

そのため腕相撲に筋力が関係ないということはありません。

広告



腕相撲が強くなるには?

最後は腕相撲が強くなる方法についてです。

腕相撲を強くなる方法は2つあります。

それは、

  • テクニックを磨く方法
  • 筋力を上げる方法

の2つです。

それぞれ詳しく書いていきますね。

テクニックを磨く方法

こちらは練習あるのみです。

数をこなせばこなすほどにコツがつかめてきます。

特に手首の使い方を注意しながら練習しましょう。

そうすればやっているうちにコツがつかめてきます。

筋力を上げる方法

腕相撲に大切な筋肉を付けるには懸垂がおすすめです。

ペンチプレスをして大胸筋を付けても腕相撲はそこまで強くはなりません。

懸垂を行って、

  • 握力
  • 手首の筋肉
  • 背筋

といったような腕相撲に必要な筋肉を鍛える必要があるのです。

腕相撲が強くなりたい人はぜひ懸垂をしてみてください。

まとめ

今回は腕相撲について書いてみました。」

腕相撲はセンスが大切なスポーツです。

ただセンスがなくとも数をこなしてコツをつかみ、

懸垂などで筋力アップを図れば十分に強くなれます。

強くなりたい人は本文中に書いたことをぜひ実践してみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告