厚揚げは太る?生食の可否やその場合のカロリーも!

厚揚げって美味しいですよね。

それに何となくですが健康に良さそうな気もします。

ただよく考えてみると「厚揚げ」とあるように、

厚揚げは油で揚げられています

そうなる時になるのは太るか否かです。

ダイエットをしている人の中には揚げ物なんてもってのほかという人もいるでしょう。

そこで今回は厚揚げは太るか否かについて調べてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 厚揚げは太る?
  • 厚揚げは生食出来る?
  • 生食でのカロリーは?
  • おすすめのヘルシーレシピを紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



厚揚げは太る?

まずは厚揚げは太るか否かについてです。

揚げ物なので太りそうな気がしますよね。

ただカロリーはそれほど高くなくむしろダイエットに向いている食材です。

もちろん食べ過ぎてしまうと太るかもしれませんが、

普通に食べる分にはむしろ痩せるといっても良いでしょう。

ただ低カロリーといってもやはり油で揚げているということもあって豆腐よりは高いです。

豆腐は100グラム当たりで50カロリーほどですが、

厚揚げではその3倍の150カロリーとなっています。

これだけ見てダイエットに向いていないと考えるのは早計です。

厚揚げは豆腐に比べて糖質が低いのです。

そもそも豆類は糖質が低く低糖質ダイエットに向いています

そのため豆腐の時点である程度糖質が低いのです。

そんな豆腐の糖質が100gあたり1.5gほどなのに比べて、

厚揚げは100グラム当たりで0.2gと、とても少ないです。

また豆腐に比べて食べごたえもあるので食べ過ぎる心配もないですしね。

こういったことからダイエットしている人も安心して厚揚げを食べても良いといえるでしょう。

広告



厚揚げは生食出来る?

続いては厚揚げは生食出来るかについてです。

結論から言いますと厚揚げは生食が出来ます。

厚揚げは豆腐を揚げたものなので普通に生でも食べることが出来ます

ただ味は加熱したものに比べて落ちます。

なぜかというと油を抜くことが出来ないからです。

油抜きをしっかりしておかないとしつこい味になってしまいます。

なのでしっかりと油抜きをして食べましょう。

油抜きはとても簡単で、

沸騰したお湯で2分間茹でるだけです。

このひと手間で味がだいぶ変わってくるので油抜きはしっかりとしておきましょう。

生食でのカロリーは?

続いては生食でのカロリーです。

先ほども言ったように生食では油を抜くことが出来ないのでカロリーは高くなります。

そのためダイエットしている人はなおさら油抜きをした方が良いでしょう。

また油抜きをすると味がしみこみやすくなるので料理の味を薄くすることが出来るというメリットもあります。

要するに厚揚げの油抜きには二つのダイエット効果があるということです。

やらないという手はありませんね!

広告



おすすめのヘルシーレシピを紹介!

最後は厚揚げのおすすめの食べ方についてです。

厚揚げはダイエットに向いた食材ですが料理によってその力を最大限に引き出すことが出来ます。

なのでここではおすすめのヘルシーレシピを紹介していきますね。

厚揚げの卵とじ

まずは卵とじから。

  • 出汁
  • 醤油
  • みりん
  • 砂糖

といった調味料でシンプルに味付けするだけで美味しいです。

これをご飯に載せれば食べごたえもある丼になります。

厚揚げ入り豚キムチ

続いては豚キムチ。

これも豚キムチに厚揚げを入れるだけなのでとても簡単に作ること出来ます。

厚揚げは豚と相性が良いのでとてもおいしいです。

しかもかさましが出来るのでダイエットにぴったりです。

厚揚げのステーキ

最後はステーキ。

これは厚揚げを焼いただけの究極のシンプル料理です。

ただ味はとてもおいしいです。

厚揚げの油で表面がカリッとするので食感が最高です。

またここでも油を落とすことが出来ますしね。

調味料を変えれば味を変えられるので飽きにくいというのも良いところです。

まとめ

今回は厚揚げについて書いてみました。

厚揚げは減量に向いているので安心して食べてください。

また紹介したレシピも試してくださいね。

僕の一押しはステーキです。

ポン酢をかけて薬味なんかをのせるととあっさりしておいしいです。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告