こんにゃくの煮物の日持ちは?切り方や冷凍の可否も!

こんにゃくの煮物っておいしいですよね。

煮汁がしっかりと染みているこんにゃくは本当においしいです。

しかもなかなか飽きない味なので一気に作り置きしておくという人も多いでしょう。

毎日食べてもそこまで苦にはならないですからね。

そこで気になるのがどれくらい日持ちするのかということです。

どれくらい日持ちするのかがわからないから作り置きがしにくいという人もいると思います。

そこで今回はこんにゃくの煮物の日持ちについて書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • こんにゃく煮物の賞味期限は?
  • こんにゃく煮物の保存方法は?
  • こんにゃくの切り方は?
  • こんにゃくの煮物のコツを紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



こんにゃく煮物の賞味期限は?

まずはこんにゃくの日持ちについてです。

まずは結論から言いますがこんにゃくの煮物は3日くらいは持ちます。

常温ならこれよりも短いですが、冷蔵保存ならこれくらいは持ちます。

また、煮物の味付けが薄い場合はこれくらいしか持ちませんが、味付けが濃く塩分濃度が高い場合にはもう少し持って1週間は大丈夫です。

ただこれ以上は持たないのでこの期間内で食べるようにしましょう。

ちなみにこんにゃくは未開封なら半年ほど持つといわれています。

これはこんにゃくのパックにはこんにゃくと同じ濃度のアルカリ性の水が入っているからです。

アルカリ性には殺菌作用があり、そのため半年も持つのです。

そのため一度開封してしまうと1週間~1か月程度まで短くなります。

こういうわけもあってこんにゃくの煮物はそこまで長く保存することはできないのです。

他の煮物でも同じように長く持っても1週間ほどです。

なかでも肉じゃがや筑前煮といったような味付けが薄い料理はやはり3日ほどしか持たないので注意しましょう。

広告



こんにゃく煮物の保存方法は?

続いてはこんにゃくの煮物の保存方法のついてです。

こんにゃくの保存には少しほかの煮物とは違うことがあります。

それは冷凍をしてはいけないという点です。

なぜならこんにゃくは冷凍してしまうとスポンジ状になって食感が変わってしまうからです。

最近ではその変わった食感がお肉の食感だというように言われ、肉の代用としてダイエットにも使われるようです。

ただ、こんにゃくの本来の食感の方が煮物には合うと思うので冷凍はしないようにしましょう。

ではどのように保存すればよいのかということですが、普通に冷蔵保存で大丈夫です。

またこの際に毎日火にかけておくとさらに日持ちが良くなります

ただどんどん煮詰まってきて味が濃くなるので早めに食べてしまいましょう。

最後になりますが常温保存は控えましょう。

すぐに食べるのであればそれでも問題はありませんが、すぐに食べないのであればしっかりと冷蔵庫に入れるようにしましょう。

夏場なんかでは翌日には腐っているということもあるようなので…

広告



こんにゃくの切り方は?

続いてはこんにゃくの煮物に使うこんにゃくの切り方についてです。

こんにゃくの煮物は切り方によっても味が変わります。

主な切り方を少し紹介しますね。

それが↓

  • ちぎりこんにゃく
  • 手綱こんにゃく

この2つです。

ちぎりこんにゃく

まずはちぎりこんにゃくです。

その名の通り、食べやすい大きさにちぎるだけです。

切るよりもちぎる方が表面積が大きくなるので味が染みやすいです。

やり方も簡単ですしぜひ試してみてください。

手綱こんにゃく

こちらはこんにゃくをねじりを加えます。

おせち料理などに使われるこんにゃくもこの切り方が多いです。

こちらは先ほどと違って少し難しいので詳しく書きますね。

手順はこうです↓

  • こんにゃくをスライスする
  • 真ん中に切れ目を入れる

どちらかの端を切れ目に通してねじる

このようにすれば、ねじれたよく見かけるこんにゃくを作ることができます。

ちなみにこの切り方は飾りの意味があるだけではなく、

武家社会の名残で、手綱を締めるように心を引き締め、己を厳しく戒め、戦いに備える心を養う

出典先:http://oseti-tuhan.com/konnyaku-189

という意味も込められているようです。

まとめ

今回はこんにゃくの煮物についていろいろと書いてみました。

本文にも書いたように切り方だけでも味が変わる面白い料理です。

いろいろな切り方を試して自分好みの味を探してください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告