鰹節のだしがらのふりかけ以外の再利用方法は?冷凍の可否も!

鰹節の出汁っておいしいですよね?

最近ではだし調味料というのがあるので、

わざわざ鰹節を使って出汁をとらなくても、

簡単に出汁を作ることができます。

ただやっぱり鰹節でとっただしの方がおいしいです。

それで僕はいつも鰹節で出汁をとっているのですが、

鰹節で出汁をとると後に大量のだしがらが出ます。

その量が本当に多いので処理に困る人も多いでしょう。

ただ捨てるのももったいないですしかといって、

何に使えばよいのかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は鰹節のだしがら活用法について書いてみました。

ふりかけ以外にもたくさんの方法を紹介するので、

自分に合った方法を探してみてください。

今回のお届け内容はこちら↓

  • だしがらの再利用方法は?
  • 鰹節のだしがらは冷凍保存できる?

となっています。

それでは発送開始!

広告



だしがらの再利用方法は?

まずは鰹節のだしがらの再利用方法についてです。

鰹節で出汁をとると本当に多くのだしがらが出るので、

それを全部捨ててしまうというには少々もったいないです。

だしがらでもまだ使い道はあるのでしっかりと活用しましょう。

まずだしがらの有名な再利用法の1つがふりかけです。

これは皆さんも知っているでしょう。

もしかすると作ったことがあるという人もいるかもしれません。

だしがらを使ったふりかけは、

  • だしがら 40グラム
  • 白ごま  小さじ1
  • 酒    大さじ1  
  • 醤油   大さじ1
  • みりん  大さじ1
  • 砂糖   大さじ1

参考:https://www.marukome.co.jp/recipe/misosoup/reuse/furikake/

といった絶対にある材料と、

  1. だしがらのは水気をなくしみじん切りにする。
  2. フライパンにかつお節と調味料を入れて汁気がなくなるまで加熱する
  3. 白ごまを混ぜ合わせる。

参考:https://www.marukome.co.jp/recipe/misosoup/reuse/furikake/

といったような簡単な工程で作ることができます。

この手軽さがだしがらふりかけが良く作られる所以なのでしょう。

このようにとても簡単なのでこれはやっても損はないでしょう。

広告



ただこれはほとんどの人がもうすでに知っているので他の方法が知りたいと思います。

もちろんだしがらの再利用法はほかにもあります。

挙げてみると↓

  • なめたけ
  • お好み焼き
  • 和え物

といった料理に活用することができます。

それぞれ詳しく書いていきますね。

なめたけ

これは、

  • えのき  2パック(200g)
  • だしがら 40g
  • 水    50cc
  • 醤油   大さじ1・1/2
  • みりん  大さじ1/2
  • 砂糖   大さじ1/2

参考:https://www.marukome.co.jp/recipe/misosoup/reuse/nametake/

といった材料と、

  1. えのきは半分の長さに切り、かつお節は水気を絞ってざく切りにする。
  2. 鍋にえのきとかつお節と調味料を汁気がなくなるまで煮詰める

参考:https://www.marukome.co.jp/recipe/misosoup/reuse/nametake/

といった工程で作ることができます。

このレシピはマルコメの公式ページで紹介されているものなのでおいしいです。

お好み焼き

これはお好み焼きに細かく刻んだだしがらを混ぜる方法です。

鰹節をかけるだけでなく中にも入っているので、

鰹節の風味を存分に堪能することができます。

鰹節が好きな人には特におすすめです。

和え物

野菜の和え物にゴマだけでなくだしがらを和えてもおいしいです。

和え物は出汁が命といっても過言ではありません。

鰹節を入れると風味が出ますし出汁も出るので相性は抜群です。

食感のアクセントになるというメリットもあります。

広告



鰹節のだしがらは冷凍保存できる?

最後は鰹節のだしがらは冷凍保存できるのか否かについてです。

結論から言いますがだしがらの冷凍保存は可能です。

鰹節と違って結露を気にする必要もほとんどありませんからね。

そもそも水気があるわけですから。

ただ冷凍ではなく冷蔵でも1週間は持つので冷蔵でも十分です。

むしろ冷凍だと成分が破壊されてしまうことがあるので冷蔵保存の方が良いかもしれません。

冷凍で長期間保存していてもだしがらがどんどん増えてしまっていく一方ですしね。

だしがらの保存は冷蔵にしてどんどん使っていくことをお勧めします。

いくらだしがらといえど長期間保存となると質の低下もありますしね。

また冷蔵するときにはある程度水気を切ってから保存しましょう。

これさえ守っておけば他には特に気を付ける点はないです。

まとめ

今回はだしがらの再利用法について書いてみました。

ふりかけばかりで秋田という人のために、

ふりかけ以外の再利用法もいくつか紹介したので、

自分の好みのものを試してみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告