片栗粉の使い道や使い方は?役割について徹底解説!

皆さんは料理番組を見ますか?

僕は料理番組を見るのが好きなので、

NHKで昼や夕方にやっている料理番組をよく見るのですが、

見ていると毎回といってよいほど片栗粉が出てきます。

これはさすがに言い過ぎかもしれませんがそう思ってしまうほどに料理には片栗粉が多く使われます

なぜなら片栗粉には様々な用途があるからです。

すべてを知っている人は少ないと思うので、

今回は片栗粉の用途について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • 片栗粉の使い方は?
  • 片栗粉の効能は?

となっています。

それでは発送開始!

広告



片栗粉の使い方は?

まずは片栗粉の使い方についてです。

冒頭にも書いたように片栗粉には様々な用途があります。

これを多く知っておけば料理のバリエーションも広がると思うのでぜひ知っておいてください。

まずは言わずもがな皆さん知っていると思いますが、

片栗粉はとろみをつけることができます。

とろみをつけることによって、

  • ソースと具材が絡みやすい
  • 料理が冷めにくい

といったようなメリットがあります。

あんかけの料理を想像してもらえばわかりやすいのですが、

あれってソースが絡んで味がすっかりとありますし、

あんかけによってなかなか料理の温度が下がりませんよね。

猫舌の僕にとってあんかけは天敵なのですが料理をアツアツのまま食べたい人には大切な効果です。

このような様々な効果がある料理のとろみ付けを片栗粉を使えば行えます。

まずこれが片栗粉の用途の一つといえるでしょう。

続いては揚げ物の衣としての用途です。

片栗粉は揚げ物の衣として使われることもあります。

揚げ物の衣として使われるものに小麦粉もあります。

小麦粉と片栗粉の衣の違いは、

しっとりとした衣になるかカリッとした衣になるかです。

小麦粉を使えばしっとりとしたやわらかい衣になり、

片栗粉を使えばカリッとした衣になります。

こうみるとカリッとする片栗粉の方良いように見えますが、

片栗粉の衣はカリッとしていると思わず固いと思う人も多いです。

そのためそれらを混合して衣を作るのがおすすめです。

自分の好みの衣を探してみるのも良いでしょう。

広告



続いては和菓子の材料としての材料です。

片栗粉を使えば和菓子を作ることができます。

例えばわらび餅なんかも作ることができます。

また作り方も材料もとても簡単です。

まず材料は、

  • 片栗粉 大さじ3
  • 砂糖  大さじ1
  • 水   180ml

といったように特に変わったものはありませんし、

作り方も、

  1. 耐熱ボウルに材料を入れる
  2. それらを混ぜる
  3. 600Wの電子レンジで30秒加熱する
  4. レンジから取り出して熱が均等になるように混ぜる
  5. 手順3と手順4を3回ほど繰り返す

といった簡単な工程で作ることができます。

これならすぐに作ることができますし、

簡単なので子供と一緒に作ったりなんかもできるでしょう。

電子レンジしか使わないので安全ですしね。

またこのほかにも様々な和菓子が作れるので気になる方は一度調べてみてください。

これ以外にも片栗粉には、

  • 春雨の原料
  • 葛粉の代用
  • 料理に照りを付ける

といったような用途があります。

広告



片栗粉の効能は?

最後は片栗粉の効能についてです。

片栗粉の主成分は炭水化物です。

炭水化物は体の中でブドウ糖に変えられます。

ブドウ糖には、

  • エネルギー源となる
  • 集中力が増加する
  • 低体温の改善
  • 低血糖の予防
  • ダイエット効果

といった効能があるので体に必要不可欠なものの1つです。

また片栗粉には体に悪い要素がほとんどないです。

もちろん食べ過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼすかもしれません。

ただ適量を食べている分には基本的には何ら支障はありません。

まとめ

今回は片栗粉の用途について書いてみました。

本文中にも書いたように片栗粉には多くの用途があります。

またいろんなものの代用にもなるので○○粉が無いなといった時に、

一度片栗粉で代用できないかを調べてみるのも良いでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告