イヤリングによる頭痛の原因や対策法は?快適にしたい人必見!

イヤリングを付けていると頭が痛くなるという人はいませんか?

どうやらイヤリングを付けている時に、

頭が痛くなるという人は結構多いようです。

おしゃれには我慢は必要、

という言葉がありますが、

出来れば我慢せずに楽しくおしゃれしたいものですよね。

そこで今回はイヤリングによる頭痛対策について書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • イヤリングによる頭痛の原因はなぜ?
  • イヤリングによる頭痛の対策方法は?
  • 頭痛防止におすすめのグッズを紹介!

となっています。

それでは発送開始!

広告



イヤリングによる頭痛の原因はなぜ?

まずはイヤリングによる頭痛の原因についてです。

イヤリングを少しの時間つけていても何ともなくても、

1日中つけるといったように長時間つけていると、

耳自体も痛くなりますし、頭も痛くなります。

これが理由でイヤリングをつけることを敬遠している人も多いでしょう。

確かに頭が痛いとなるとイヤリングを敬遠しがちになるのも納得です。

ではなぜイヤリングをつけていると頭痛がするのでしょうか?

これが分かれば何らかの対処の仕様がありますよね。

そこでイヤリングによる頭痛の原因を調べてみると、

イヤリングの不快感による偏頭痛

であるという記述を見つけました。

不快感が続くとそれが脳で痛みとみなされ頭痛がするのだとか。

これはマスクやメガネでも同じことが言えます。

マスクや眼鏡を付けるのに慣れていない人が、

たまにそれらをつけると頭が痛くなりますよね。

それと同じ理屈です。

そのためこの類の頭痛をなくすには頭痛の根源である不快感をなくす必要があるのです。

広告



イヤリングによる頭痛の対策方法は?

続いてはイヤリングによる頭痛の対策方法についてです。

先ほども書いたようにこの頭痛をなくすには不快感をなくす必要があります。

ここではその方法をいくつか紹介していきますね。

それがこちら↓

  • 正しい位置にイヤリングをつける
  • シリコンカバーを付ける
  • 自分に合ったイヤリングをつける

それぞれ詳しく説明していきますね。

正しい位置にイヤリングをつける

イヤリングはつける位置によって付け心地が全くと言ってよいほど違ってきます。

そのため間違った位置につけると着け心地がとても悪いです。

またその付け心地の悪さが不快感につながり頭痛になるのです。

どの位置につければよいかということですが、

耳たぶの中心

につけるのが良いです。

これなら付け心地がよくなるだけではなく外れにくくもなります。

また耳を引っ張っていろいろなところに刺激を与えて、

一番鈍感な場所を探してみるのもよいかもしれません。

人によってその場所が違ってきます。

自分の鈍感な部分を知っておけばそこにイヤリングをつければ違和感を感じにくいです。

シリコンカバーを付ける

これも有効な手段です。

シリコンカバーを付ければ直接金具が耳に当たらないので、

痛みや違和感も少なくなり付け心地がよくなります

これについては後半で詳しく紹介しますね。

自分に合ったイヤリングをつける

これが一番大切かもしれません。

イヤリングといっても色々な種類があります。

一度、専門店に行っていろいろなものをつけて

自分の耳にあったものを探すのがよいでしょう。

広告



頭痛防止におすすめグッズを紹介!

最後はイヤリングによる頭痛防止グッズの紹介です。

まずは先ほども書いたシリコンカバーです↓

これを使えばイヤリング着用による違和感を大幅に改善することができます。

また、中にはもとから付いているというものもあります。

それ以外にも↓

 

↑こういったような樹脂製のイヤリングもあります。

こういったものはつけた時の違和感が少ないです。

できればそのようなタイプのイヤリングを選ぶのがよいでしょう。

ただこういったものに自分の好きなデザインがあるとは限りません。

そういった時でも無理に選ぶ必要はなくシリコンカバーを使えばよいだけなので、

あくまでもあればの話で自分の好きなデザインを選ぶのが1番です。

まとめ

今回はイヤリングによる頭痛対策について書いてみました。

いくつかの方法を紹介したので、

自分に合った方法を試してみてください。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告