ういろうの冷凍保存の可否は?正しい保存方法を紹介!

皆さんはういろう好きですか?

自分で買うというよりかはもらうことの多いであろうういろうですが、

もらうときには結構量が多いこともあります。

ただういろうは一気にたくさん食べられるものではないので消費は遅いです。

また生ものなので賞味期限も長くはありません

なので正しい保存方法を知っておくことが重要になってきます。

そこで今回はういろうの保存方法について書いてみました。

今回のお届け内容は↓

  • ういろうの正しい保存方法は?
  • ういろうは冷凍保存しても良い?
  • ういろうを大量消費するレシピは?

となっています。

それでは発送開始!

広告



ういろうの正しい保存方法は?

まずはういろうの正しい保存方法についてです。

ういろうって冒頭にも書いたようになかなか減らないので、

正しく保存しないともったいないことになってしまいます。

ういろうの正しい保存方法は常温保存です。

なんとなく冷蔵庫に入れてしまいそうですが、

ういろうを冷蔵庫に入れてはいけません。

なぜなら、冷やすとういろうが固くなってしまうからです。

ういろうは米粉からできています。

お餅を冷やすと固くなってしまいますよね?

それと同じでういろうも冷蔵庫に入れて冷やしてしまうと固くなってしまうのです。

そのため冷蔵庫に入れないようにしましょう。

これは冬も同じことが言えます。

冬に寒い所に置いておくとういろうは同じく固くなってしまいます。

極力、寒くないところに置くようにしましょう。

ただそうもいかないことも多いでしょう。

そんな時は、

  1. フィルムに入れたまま湯煎する
  2. 冷水で冷やす

といったことを行えばある程度は柔らかくなります。

固くなってしまった時はこのようにして対処しましょう。

ちなみに常温でも1か月くらいは持ちます

そのため常温でも結構持つので心配しなくても大丈夫です。

広告



ういろうは冷凍保存しても良い?

続いてはういろうの冷凍保存の可否についてです。

どうしても賞味期限以内に食べられない…

となったときの最終手段が冷凍保存ですよね。

ういろうでも同じように冷凍保存したいという人も多いでしょう。

ただ先ほども言ったようにういろうは寒さに弱いです。

冷凍となるとなおさらです。

そのためできれば冷凍保存はしない方がよいです。

ただだからと言って腐らせてしまうのはもったいないですよね。

一応、冷凍保存しても食べられないくらいまずくなるわけではありません。

長期間冷凍すれば冷凍焼けしてしまいますが、

そこまで冷凍する期間が長くないのであれば、

ういろうを冷凍することもできます。

ただ解凍するときに少しばかり工夫が必要です。

冷凍したういろうをそのまま自然解凍してしまうと、

もっちりとした食感が消えてもっさりした食感になってしまいます。

そのため先ほど紹介した湯煎を行うか、

もしく電子レンジで温めてから食べるようにしましょう。

それなら幾分かはおいしく食べられると思います。

広告



ういろうを大量消費するレシピは?

最後はういろうを大量消費する方法についてです。

いくら保存方法を知ってもそれには限度があります。

特にういろうはそのままなら沢山は食べられないのでなおさらです。

ここではそんなういろうを大量に消費する方法を紹介しますね。

それがこちら↓

  • わらび餅風にする
  • ホットサンドにする
  • アイスに乗せる

それぞれ詳しく書いていきますね。

わらび餅風にする

これはういろう1口大に切ってそれにきなこをかけて食べる方法です。

ういろうを氷水に浸しておくとさらにおいしいです。

これなら比較的食べやすくなります。

ホットサンドにする

これはバタートーストにういろうを挟んで食べる方法です。

そのまま食べるのとはまた違ったおいしさがあります。

そのまま食べるのに飽きた人におすすめです。

アイスに乗せる

これはういろうをアイスに乗せるだけです。

イメージは雪見大福ですかね。

冷たいので比較的量が多くても食べやすいです。

まとめ

今回はういろうの保存方法について書いてみました。

保存の仕方によっては著しく味が落ちてしまいます。

そのため今回紹介した方法で保存してください。

また後半で紹介した大量消費レシピも試してみてくださいね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告