きびだんごはどんな味?原材料や賞味期限に由来や歴史も!

きび団子といえば何をイメージしますか?

ほとんどの人は桃太郎や岡山県なんかをイメージしますよね。

桃太郎という有名な物語に出ているので知名度はとても高いです。

ただきび団子のことを桃太郎に出てくる団子ということ以外で知っている人はいますか?

写真でどんなものを見たことがある人はいても、食べたことがなく味がわからないという人も多いです。

そこで今回はきび団子についていろいろと書いてみました。

今回のお届け内容はこちら↓

  • きび団子はどんな味?
  • きび団子の原材料は?
  • きび団子の賞味期限は?
  • きび団子の歴史を解説!

となっています。

それでは発送開始!

広告



きび団子はどんな味?

まずはきび団子の味についてです。

きび団子の味ってどんなのか見当つきますか?

食べたことがある人はもちろんわかると思いますが、食べたことない人はなかなかイメージが付きませんよね。

なんせ、きび団子という名前に味のヒントがないので。

というか今のきび団子は黍が使われていないことも多いので。

まあ、そもそも黍の味ってそんなに知らないですよね。

僕も知らないですし。

黍が入ってない黍団子は、大福の皮のような味がします。

雪見大福を食べたことがある人はあれの皮の部分を想像してもらうとわかるとおもいます。

黍が入っていないきび団子はあれと同じ味がします。

ただしっかりと黍が混ぜられているものは、すこし特有の味がします。

なかなか形容しがたいのですが、雑穀米のような味がします。

雑穀米には黍が入ってることもありますから。

なんというか雑穀特有の味がします。

気になった人は、そこまで癖があるわけではないので一度食べてみてください。

結局、食べるのが味を知る一番手っ取り早い方法ですからね。

広告



きび団子の原材料は?

続いては黍団子の原材料についてです。

きび団子は先ほども言ったように黍が使われていないものもあります。

それをきび団子といってよいのかは別として。

ただそれを紹介しても面白くないので、黍をちゃんと使ったきび団子の原材料を紹介しますね。

それがこちら↓

  • 米粉
  • 黍粉
  • 砂糖

主な原材料はこれだけです。

結構シンプルですよね。

ここに餡が入ったり、黒糖が混ぜられたりもしますが基本的な材料はこれだけです。

黍が入っていないきび団子はここから黍を抜いただけです。

いわゆる求肥ってやつですね。

求肥は和菓子の材料のひとつで、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたものである。

牛皮や牛肥とも表記する。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%82%E8%82%A5

きび団子は求肥に黍を混ぜたものとも言えるでしょう。

広告



きび団子の賞味期限は?

続いてはきび団子の賞味期限についてです。

いろんなメーカーがあるので一概には言えませんが、大抵のメーカーは賞味期限が20日前後に設定されていました。

和菓子にしては長い方なのでお土産などで買うのにも全然余裕がありますね。

食べたことがない人も多いですから、お土産で渡せばきっと喜んでもらえますよ。

きび団子の歴史を解説!

最後はきび団子の歴史についてです。

起源についてですが岡山の名物菓子店である廣榮堂が安政の初めごろに考案したというのが決まり文句になっていますが、厳密には廣榮堂の先祖が合作したものが先駆けになったというだけでさらに詳しい起源があります。

それがこちら↓

1855年(安政2年乙卯年)に岡山城下の町人が鳩首して、赤色のかきもち風の四角形の和菓子を茶請け用として製造した。うち1人は、岡山市古京町の唐津焼商売の名代の伴呂翁は、廣榮堂を創立した武田家の一門(武田伴蔵の祖父)であった。この「かきもち状」の菓子は、嗜み用の非売品であったが、「無銘も如何かと、種々考えた結果、国称を付して《吉備だん粉(きびだん粉)》と名づけて吹聴」したのが今の吉備団子の起源である。

参考:明治の風俗史研究家である紅の家お色の「きびだんご考」

このような期限があります。

それから本格的に商売にしていく中で「相歓堂」というお店を武田伴蔵が建てます。

それを伴蔵の親族である廣榮堂の初代の武田浅次郎が引き継いで今に至るのです。

まとめ

今回はきび団子についていろいろと書いてみました。

きび団子というと桃太郎にでてくる団子というイメージしかなかった人も少しはきび団子について詳しくなったのではないでしょうか。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

広告